マンションにおすすめの自然素材! 琉球畳 東京のリフォーム

各種お問い合わせはこちらからどうぞ
フリーダイヤル 0120-292-575 電話受付時間:9:00~19:00(水曜定休)
ホームプランリフォーム事例リフォームの流れお客様の声工事ブログ費用について
当社について私たちができることこだわり施工例お役立ち情報エコ建材よくいただくご質問
マンション
リフォーム館
メール
電話
エコ素材情報
 

琉球畳


琉球畳 とは、もともとは、七島い草という(大分県や中国四川省で栽培されています)、 普通のい草とは違った種類のい草を使って作られた 畳表で作られた畳のことを言うそうです。

国産の琉球表は手織りで作られていて、い草も太く丈夫なので、 縁をつけてカバーしなくても大丈夫ということで、縁の無い畳なのですね。 一般的な畳と比べて、作るのに手間もかかるため、価格は若干高めになります。

新しいうちは、ごつごつした、荒々しい琉球畳ですが、何年も経つと あめ色になって美しいツヤが出てくるのだそうです。
そんな琉球表は、織りの職人さんの高齢化も進んでいるそうです。 大切な伝統技能ですから、是非未来へ継承してもらいたいと思います。

さて、私たちがお客様からお問合せを頂く際には、お客様は 広く縁(ふち)の無い、正方形の畳のことをイメージなさって、 琉球畳と仰る場合が多いです。
どちらかというと、洋室に続きの和室など、軽快ですっきりした、 洋にも合う和室にしたい、というご要望が多いように思います。

■琉球畳をお選びになったお客様の事例です

リビングから続きの空間である和室に、琉球畳をお選びになりました。
洋の空間にも、よく似合いますね。

>>事例【自分流に賢く!施主様の想いがつまった家】はこちら


マンションリフォームのご相談、概算見積、資料のご請求はこちらから。フリーダイヤル0120-292-575 営業時間9時~20時(水曜定休)
© 2000 EcoReform