造作 洗面台

各種お問い合わせはこちらからどうぞ
フリーダイヤル 0120-292-575 電話受付時間:9:00~19:00(水曜定休)
ホームプランリフォーム事例リフォームの流れお客様の声工事ブログ費用について
当社について私たちができることこだわり施工例お役立ち情報エコ建材よくいただくご質問
マンション
リフォーム館
メール
電話
トップページ > お客様のこだわりを形にするまで > マンションの既存の洗面化粧台を撤去して、造作(オーダー)で洗面台を!
お客様のこだわり マンションリフォーム 実現記

マンションの既存の洗面化粧台を撤去して、造作(オーダー)で洗面台を!

こちらのマンションは、築10年ほどで、前オーナー様もきれいにお使いでしたので、まだまだ使えそうな洗面台でした。
しかし、お好みのテイストの洗面台を作りたい!とお施主様。
イメージを何度も打ち合わせさせていただき、ご希望通りの洗面台ができあがりました。



■元々は、このような洗面台が付いていました

こちらを撤去して、施主様のお好みに合った洗面台を 作ることに致しました。
無垢材を使って台を作り、施主様のお好みの洗面ボウルや水栓、 ミラーを取り付けた洗面台です。正面の壁には、タイルを貼りました。


■既存の洗面台を撤去した様子です

左の赤いキャップが付いているのがお湯の管、 真ん中の長く伸びているのが水の管、右のグレーの太めの管が排水の管です。
洗面台によって、この管の位置は異なります。こちらでは、 床から立ち上がっていますが、突き当たりの壁から管が 出ている場合もあります。
洗面所の床を壊して、この配管を新しい洗面台に合わせて やりかえる事も出来ますが、こちらのケースでは、既存の 配管をそのまま使用することになりました。


■無垢材(集成材)を使ったカウンターを設置

大工さんが無垢材(集成材)を使って、カウンターを作ります。
木の種類は、「タモ」で、サイズは、幅70cm程度、奥行き50cm程度です。


■新しい湯水、排水の管がセットされました

洗面台の下部には、棚を作りつける予定があったので、 できるだけスペースを有効活用できるように、水道屋さんが ギリギリのところで排水の管をまわしてくれました。


■洗面ボウルと水栓の取付

洗面ボウルと水栓も取り付きました。
こちらは、お客様が形を気に入ってご支給くださったボウルです。
ホテルなどに備え付けられているような、おしゃれな形です。


■カウンターに塗装をかける

無垢材のカウンターに水がしみ込んでしまわないよう、 塗装をかけました。
透明のウレタン塗装で、木の風合いを 損なわないように、ツヤ無し仕上げにしました。少しだけ、濡れたような色になります。
壁にはクロスを貼り、正面の壁にはタイルを施工します。


■棚板を設置

棚板を一枚設置したところです。
この写真は、隣の浴室の中から、ひきで撮っています。
このように、少々遠くから見ると排水の管が視界に入ってしまいまいますが、 毎日の生活ではそれほど目立つことはありません。


■棚板の管が通る部分に一工夫

棚板は、なるべくスペースを取れるように、このように 大工さんが綺麗に管の部分を欠いて作ってくれました。
施主様は、こちらにカゴを置いて、お使いになるそうです。


■完成

お施主様に手配頂いたミラーを取り付け、奥様の思い通りの洗面台の施工が行われました。

リフォームの場合、全てを更から作っていくわけではないので、 現況に合わせていかなければならない部分も出てきますが、 なるべくご希望に近いもの、デザイン的に良いもの、使いやすいものを、 と考えて、作らせていただきます。

>>こちらの洗面台をお造りしたお客さまの事例紹介はこちらです



マンションリフォームのご相談、概算見積、資料のご請求はこちらから。フリーダイヤル0120-292-575 営業時間9時~20時(水曜定休)
© 2000 EcoReform