リビング 照明

各種お問い合わせはこちらからどうぞ
フリーダイヤル 0120-292-575 電話受付時間:9:00~19:00(水曜定休)
ホームプランリフォーム事例リフォームの流れお客様の声工事ブログ費用について
当社について私たちができることこだわり施工例お役立ち情報エコ建材よくいただくご質問
マンション
リフォーム館
メール
電話
トップページ > お客様のこだわりを形にするまで > 明るすぎない照明で、リラックスできる空間にしたい
お客様のこだわり マンションリフォーム 実現記

明るすぎない照明で、リラックスできる空間にしたい

■明るすぎない暮らしのススメ…?

住まう方のお好みによるのですが、マンションをリフォームして 照明にも手を加える際に、あまり明るすぎない暮らしを考えてみる、 というのも、なかなか良いものです。

夏至の夜にキャンドルナイトが流行っていますが、 されてみた事はありますか? ゆったりした気分になり、よく眠る事が出来たのではないでしょうか。 さすがにキャンドルですと、毎日の暮らしには不便かもしれませんが、 少しお部屋の明るさを抑えることで、昼間の活動モードから 夜間の休息モードへ、脳や体の切り替えも助けてくれます。

また、省エネが叫ばれて久しいですが、いつもいつも部屋全体を 隅々まで明るくしておかなくても良いという考え方を 受け入れて頂けるようであれば、部屋全体の明るさを抑えた照明計画は、 省エネにもなりますよね。



■シーンによって照明を使い分ける

こちらの事例のお客様は、まさに、「明るすぎない空間」をお望みでした。
天井の照明、スタンドライト、様々なタイプの明かりを設けておき、 シーンによって使い分けをして暮らされるイメージを持っておられました。

こちらのお部屋は21帖ものリビング・ダイニング&書斎スペースです。

リビングとしてお使いの、約10帖ほどのスペース用には、 天井に、写真のように小さな四角いシーリングライトを10灯取り付けました。 壁沿いに3灯、4灯、3灯と並べて取り付け、列ごとにスイッチを付けました。 ソファーに座ってくつろぐときは、こちらの3灯を点けて、など、 使い分けを楽しんで下さっているそうです。



こちらのライト10灯では、照明計画としては明るさが足りません。
ですが、本を読むときなど、より明るさが必要な場合には、 スタンドライトを使って過ごされています。
光の位置は、低いところにあったほうがリラックス効果が高くなりますので、 スタンドライトは、お家でゆっくりくつろぎたい方にはぴったりです。


■明るさを抑える場合の注意

ただし、明るさを抑える際には、少し注意が必要です。
住まう方の嗜好や年齢によって、必要と感じる明るさは違いますので、 それぞれに合わせる必要があります。
また、蛍光灯の青白い光を使いながら明るさを抑えると、 なんとも物悲しい雰囲気の空間になってしまいますので、 光の色もよく検討する必要があります。

照明計画は、お部屋の雰囲気を決めるに当たって、本当に大切な要素を持っています。 しかも、お金を掛けたから良くなる、というものでも無いのも、 照明のおもしろいところです。
アイディア次第で、もっとくつろげるお部屋になりますよ。

せっかくのリフォームです、
照明にこだわってみたい、という方は、ぜひご相談下さい。



マンションリフォームのご相談、概算見積、資料のご請求はこちらから。フリーダイヤル0120-292-575 営業時間9時~20時(水曜定休)
© 2000 EcoReform