風呂場の脱衣所とトイレの床材について。無垢材で施工したいのですが、木の種類は何が一番適しているのでしょうか?

各種お問い合わせはこちらからどうぞ
フリーダイヤル 0120-292-575 電話受付時間:9:00~19:00(水曜定休)
ホームプランリフォーム事例リフォームの流れお客様の声工事ブログ費用について
当社について私たちができることこだわり施工例お役立ち情報エコ建材よくいただくご質問
マンション
リフォーム館
メール
電話
トップページ > マンション リフォームQ&A > 風呂場の脱衣所とトイレの床材について。無垢材で施工したいのですが、木の種類は何が一番適しているのでしょうか?

風呂場の脱衣所とトイレの床材について。無垢材で施工したいのですが、木の種類は何が一番適しているのでしょうか?


■木材の種類ではなく、水の染み込まないような塗装が重要です

風呂場の脱衣所とトイレの床材ですが、やはりこの場所は 居室などに比べますと、格段に水のかかる量が違います。
私どもでは、水に強いものをお勧めしております。

木の種類でこれが最適というものはないように思います、
もちろんチーク材などは、船の甲板に使われる素材ですので 針葉樹の杉や松に比べますと水には強いのですが、 日常のご生活を考えた場合、濡れたらすぐに拭きとってと いうことを欠かさずにすることは難しいかと思います。

そう考えますと、木の種類というよりは、水の染み込まないような 塗装を考えられてはいかがでしょうか。

ウレタン塗装、オイル塗装など撥水性の高いものです。

ただ、これの塗装を施しても、合板のフロアーやピータイルなどと同様、 いくら撥水性の高い塗装でも、ぬれた雑巾などを放置してしまったり、 濡れた足拭きマットをいつも置かれていると、変色や塗装の劣化を 起こしてしまいますので注意が必要です。


■コルクタイルもオススメです!


無垢材のほかに、私共がお勧めしている素材としてコルクタイルが ございます。
コルクタイルは、水に強く、弾力性、耐久性、断熱性に優れているので、水周りには最適です。


>>コルクタイルについては詳しくはこちらで紹介しています。


何が一番適しているかとのご質問ですが、やはり住まわれる方の ご生活のスタイル、ご家族構成により異なると思います。
小さなお子様がいらっしゃるようでしたら、水のかかる頻度が多いため、 自然素材をお望みの方でも、お手入れの楽なクッションフロアーを と仰るお客様もいらっしゃいます。

私達がお勧めしている、無垢のような、自然素材をお使いいただきます場合、 良さをおわかりいただくと同時に、マイナスの面のご説明も十分に させていただきます。
そのことをご理解いただいたうえでお使いいただいております。

上記でお勧めした、コルクは色々なことを考え合わせた上で、水回りのリフォームに 適している素材と私共は考えております。

マンションリフォームのご相談、概算見積、資料のご請求はこちらから。フリーダイヤル0120-292-575 営業時間9時~20時(水曜定休)
© 2000 EcoReform