リフォームQ&A > 地震対策 > 1階が駐車場になっている住宅は耐震的には弱いのでしょうか?

1階部分が駐車場になっている家の耐震性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Q. 1階が駐車場になっている住宅は耐震的には弱いのでしょうか?

東京は土地の値段が高いので、1階が駐車場になっているような木造の三階建て、といったようなお家お家をよく見かけますが、そういった建物は、耐震的には弱いのでしょうか?

A. 1階の大部分が駐車場で、そのため前が全部開いてしまっている建物などは注意が必要です。
三階建ての場合は必ず構造計算が必要ですので、現行の法規に乗っ取った仕様であれば問題ないと思います。
しかし、現行の法規以前の建物、既存不適格のような建物の場合は、ちょっと心配ですね。

例えば、都内ではよく見ますが、1階の大部分が駐車場で、 そのため前が全部開いてしまっている建物などは注意が必要です。

木造の建物の場合は、どうしても、壁でもたせるような工法が多いです。
壁があることによって、地震の力である水平力に対抗する訳ですが、 その大きな目的が、前面が大きく開いている事で、弱くなってしまいます。


【では、どんな補強をすれば良いのでしょう?】

お住まいによって、補強方法は違ってくるので一概には言えませんが、 私どもでは「仕口ダンパー」を使った補強を行うことが多いです。

仕口というのは、建物の、柱と梁の交点の事を指します。
この「仕口ダンパー」は、名前の通り柱と梁の交点取り付ける金物で、仕口部分の補強となってくれるだけでなく、地震の揺れを抑えてくれるという効果があります。(この、地震の揺れを抑える技術のことは、耐震ではなく制震と呼びます)

空洞となってしまっている1階駐車場の仕口部分に取り付けることによって、建物の耐震性がアップします。

もちろん、一番安全な方法は、壁が無い場所に、新たに耐力を持つ壁を造ることなのですが、 住宅が密集している都内は土地が限られます。

お車を所有しているためにどうしても駐車場が必要で、壁を造ることができない際には、 こういった金物を上手く使った補強をされることをおすすめしています。

※よろしければ動画も合わせてご覧ください


耐震補強の事例はこちら



解決されましたか?

解決できなかったお客様は、どうぞお気軽にお悩みごとをお知らせ下さい。
弊社アドバイザー、一級建築士、インテリアコーディネーターが回答いたします。

※いただいたご質問は、こちらの「リフォームQ&A」で掲載させて頂くことがあります。

お問い合わせはこちらへお気軽にどうぞ!>> Q&A投稿 e-mail : info@eco-reform.com

Q&Aのトップページへ

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら