HOW TO リフォーム > 目的別リフォームプラン > バリアフリーリフォーム

家族みんなが安心・安全に暮らせるバリアフリーリフォームのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

水まわり・その他のリフォーム

水まわりや省エネ、バリアフリーなど、様々なリフォームをご紹介いたします。

バリアフリーリフォーム おじいちゃんおばあちゃんからちいさなお子様まで、ご家族みんなの安心な暮らしのために
ご家族みなさまの安全な暮らしのために、私たちはできるかぎりバリアフリーのお住いを提案させていただいております。
おじいちゃんおばあちゃんからちいさなお子様まで、ご家族みんなの安心な暮らしのためにバリアフリーな家を!

私たちが施工させていただく大型リフォームでは、100パーセントバリアフリーのお住まいをご提案させていただいております。

日本で広く普及し使用されている「バリアフリー」という言葉。

「障害者を含む高齢者など社会的弱者の方たちが、社会生活に参加するうえで生活の支障となるような物理的・精神的障害を取り除く施策、もしくは障壁が取り除かれた状態」を指しています。

具体的には、駅で長い階段の代わりにエスカレーターやエレベーターが設置されていたり、建物で段差をなくしていたり、スロープが作られている、というような状態です。

これらの状態は結果的に、身体障害者や高齢者だけでなく、妊婦、乳幼児、怪我人などにとっても必要不可欠なものとなっています。
こうしたバリアフリー施工を取り入れた住宅リフォームは「バリアフリーリフォーム」と呼ばれています。

バリアフリーリフォームでは
  • 段差をなくす
  • 手すりをつける
  • 扉を引き戸にする
  • 足元灯をつける
  • 滑りにくい床材を使用する
  • 居室や床に温度差がないように配慮する
  • 寝室や廊下、トイレのスペースに余裕をもたせる
などのポイントを元に施工を行い、住み慣れた我が家で家族全員が快適かつ安全な生活を維持できるようにします。

高齢化が加速する現代において、このような住宅リフォームがあることを知っていれば、役に立つ機会がありそうですね。


バリアフリー住宅リフォーム事例の一部です。
すべてのリフォーム事例一覧はこちらから
安全で生活しやすいお住まいを
【床】床の段差をゼロに
ちょっと昔の住宅やマンションは、床に段差のあるお宅がほとんどです。

段差は、つまづいて転倒するという宅内事故に繋がってしまう恐れがあります。
骨折や捻挫をして病院に行かなくてはならなくなってしまうケースも・・・!

弊社でお受けするリフォームでは、床の段差を作らないよう配慮して計画をいたします。
お部屋からお部屋へ移動する時や、トイレに入るときも足元はフラットに。
すり足で歩かれるご高齢の方や、ハイハイする赤ちゃんも安心なバリアフリーの床です。


【階段】階段はゆるやかに
昔ながらの住宅は、階段の勾配がかなり急な上に段差も大きく、ご高齢の方や小さなお子様には大変危険です。
毎日の洗濯物を干すのも一苦労、なんてお話をよくお聞きいたします。

私たちのご提案させていただくバリアフリーのお住まいは、階段をかなりゆるやかな設定にさせていただいております。

傾斜をゆるやかにすると、それなりにスペースも取ってしまうのですが、そういったスペースを収納にしたり、お家によってはトイレを設置したりと、デッドスペースにしないよう、アイディアを生かした間取りを実現しています。
もちろん、階段への手すりの取り付けも行っています。

階段の傾斜をゆるやかにした上に、手すりもつけば転倒の心配は大きく軽減します。
ご高齢のお母様やお父様がいらっしゃるお宅も安心です!

階段の架け替え「だけ」の工事は・・・

「階段の架け替えだけの工事はできませんか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

階段の架け替えは家の構造に大きく関わるため、簡単にできる工事ではありません。

階段の勾配をゆるやかにすると、必然的に今までより広い階段スペースが必要となります(図のようなイメージ)。

階段スペースを広げるには、床も壊さなくてはいけませんし、お部屋とぶつかってしまう場合は、間取りの変更も必要になります。

さらに、階段は2階へ繋がっているため、家の構造に必要な「梁」が通っていません。階段の位置や大きさを変えて、梁のある位置にぶつかった場合は、梁の架け替えも必要となります。

そのため、階段をバリアフリーにしたいという方には、大きなリフォームと合わせて計画されることをおすすめしております。
階段をゆるやかにするだけではなく、ご家族の皆様が快適で安全に暮らせるお住まいをご提案いたします。


【手すり】手すりを取り付けて、足腰の負担を軽減
階段や玄関、トイレなど、姿勢を変化することがある場所には手すりを付ければ足腰の負担が大きく軽減されます。

私たちで施工させていただくリフォームでは、基本的に手すりを取り付けてバリアフリー仕様にするという方向で、計画を立てさせていただいております。

その際、私たちの方では、無垢の木材でできた手すりをおすすめしています。
木の手すりはステンレスのものよりは少し高価になりますが、触った時にヒヤッとせず、快適にお使いいただけるのです。


【空気】空気もバリアフリーに
家の中で温度差がないというのも重要です。私たちは、空気の問題も解消してこそ、本当のバリアフリーだと考えています。

夜、トイレに起きた時に、廊下やトイレがとても寒いと感じることはありませんか?ヒートショック現象と呼ばれる、急激な温度差が体にもたらす悪影響は、特に高齢者には大きな負担となります。

室内の温度差をなくすには、断熱やアルミサッシ、玄関ドアの選択が重要なポイントです。これらをうまく使って、家全体を寒くないように設計いたします。

さらに、日本特有の「湿度」の対策として、建材にはなるべく自然の素材を使用することで、温度差が無くサラッとした、バリアフリーな空気の快適な住まいを実現しております。


お客様の声

■ 江東区/F様より

リフォームのきっかけは私の母の事。足が悪くなってしまったので、介護がしやすいようにバリアフリーにしたい、そして自分達がこれからこの家に長く暮らす為にも、リフォームをしようと思いました。

リフォーム後は限られたスペースの中で、広く使えるようになりました。前は、下(1階)は収納が無くて、物があふれていましたから。 リビングも、前とは打って変わって明るくなりましたね。

■ 台東区/N様より

塩谷さんのとこは、私達に合った計画を持ってきてくれたのが良かったんです。
他の業者さんにも相談してはいましたが、間取りはまったく変えないで中の模様替えをするだけだったり、スマートでモダンすぎちゃって合わなかったり。

リフォームして、本当に良くなりました!バリアフリーで、今は快適に暮らしています。
バリアフリー住宅リフォーム事例の一部です。
すべてのリフォーム事例一覧はこちらから





水まわり・その他のリフォーム

水まわりや省エネ、バリアフリーなど、様々なリフォームをご紹介いたします。

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら