リフォームお役立ち情報 > エココロ通信 > 人にやさしい住宅リフォーム情報誌「エココロ通信」 2016年11月号

「エココロ通信」2016年11月号

このエントリーをはてなブックマークに追加
人にやさしい住宅リフォーム情報誌「エココロ通信」 2016年11月号
人にやさしい住宅情報誌 エココロ通信

●リフォーム施工事例ピックアップ

こんなステキなリフォームさせていただきました「台東区S様邸」(PDF)

●暮らしのお役立ち情報

江戸指物(えどさしもの)の世界

楽しいスタッフコラムも掲載。今月のテーマは「住宅ストック循環支援事業、月下美人、HONZ(ホンズ)、バザー、ちゅうじろう」の5本です。
スタッフコラム

ちょっとだけ地球の為に

住宅ストック循環支援事業

塩谷理枝
先日、国土交通省より「住宅ストック循環支援事業」の発表がありました。

これからの日本の問題として、人口の減少があげられます。
人が減れば当然、住宅も余ってきますよね。 現在売りに出されている中古住宅を「ストック住宅」と言いますが、今後余っていくだろうストック住宅を活用し、流通を円滑にするためには、個々の住宅を高性能にする必要があります。
そこで国は、高性能な住宅にするための条件を満たせば、その費用の一部を補助するという支援制度を発表したのです!

以前に施行された「省エネ住宅エコポイント制度」と大きく違うのは、耐震性の確保を要件としている点と、ポイントではなく補助金が支給されるという点です。具体的には、下記の内容になります。

1.良質な既存住宅の購入 最大50万円(耐震改修を伴う場合は最大65万円)
40歳未満の若年層を対象に、中古住宅購入時のインスペクション費用※とエコリフォーム費用を補助します。

2.エコリフォーム 最大30万円(耐震改修を伴う場合は最大45万円)
断熱、エコ住宅設備、バリアフリー、耐震等が対象です。

3.エコ住宅への建替え 最大50万円
一定の基準以上の性能を持つエコ住宅が対象です。

※「インスペクション」とは、国土交通省が公表している『既存住宅インスペクション・ガイドライン』に沿って実施される既存住宅の現況検査のことです。
制度についての詳しい情報は、国土交通省のホームページをご覧ください。
実施までにまだ内容の変更があるかもしれませんので、随時お伝えしたいと思います。

>住宅 - 国土交通省

また、エコリフォームでは住宅ストック循環支援事業のご紹介ページを作成しましたので、あわせてご覧ください。

>住宅ストック循環支援事業 ~エコリフォームに対する支援~


インテリアあれこれ♪

月下美人が咲きました

千葉容子
北区でリフォームが進行中のS様より、とても珍しい植物を譲っていただきました。
月下美人というサボテン科の植物で、真夜中に真っ白でキレイな大輪の花を咲かせる、とても神秘的な植物です。

咲く時間は夜の10時~2時の間が多く、咲いた花の寿命は1日で、日が昇る頃には萎れてしまうという儚く可憐なお花です。
本来は6月ごろに花を咲かせますが、株分けして植え替えたら、つぼみを持ったそうです。

「もうすぐ咲きそうだから取りに来て~」とわざわざお電話をくださいました。 S様、見れましたよ!
月下美人がキレイに咲くところ!!
お花が咲いている時間は一瞬なので、本当に見られてラッキーでした!

3つつぼみがあって、2つ同時に咲きました。
「6月の花はもっと大きかったけど、今回のは狂い咲きだから少し小さいな」とS様。
それでも十分大きくて、透き通るように白く、本当に4、5時間で萎れてしまいました。 月下美人は、蝶や蜂が花粉を運ぶのではなく、コウモリが運ぶんだそうです。
なるほど~!だから夜咲くんですね。

つぼみが開いてから萎れるまでの短い間だけ、上品な香りが漂いました。
この香りでコウモリに咲いたことを知らせるのだそうです。
どこからこの香りがきて、どこにいってしまったのか本当に不思議です。

そのほかにクジャクサボテンもいただきました。
うまく咲かせることができるのか、ちょっと不安ですが、頑張ります。

S様本当に貴重な植物をありがとうございました。

>Youtube動画(ショートバージョン)

>Youtube動画(ロングバージョン)


遊ゆうコラム

読書の秋に HONZ(ホンズ)

田中裕子
今回は秋らしい話題をと注文があったので、秋らしく「読書」を題材にすることにします。

私は横浜方面から門前仲町まで、片道1時間半、往復3時間かけて通勤しています。
その長い通勤時間は、仮眠(と言っても爆睡)するか、本を読んで過ごしています。

読みたい本を探して最寄り駅にある本屋さんに足を運んでいましたが、だんだん飽きてきて、もっと他の面白い本はないだろうかと思うようになりました。 そんな中見つけたのが、お勧め本を紹介するサイト「HONZ(ホンズ)」です。
本屋をうろうろしながら自分の読みたい本を見つけるも楽しいのですが、それだけでは物足らない時、本屋さんに行けない時、これまで読んだことがない新しいジャンルの本に出会いたい時などに重宝します。

HONZには、小説を除いたすべての本が載っています。
普段であれば、私が絶対に手に取らないようなサイエンスや哲学、宇宙の本など、多種多様なジャンルの本が紹介されています。

HONZは厳選された読み手が、何冊もの本から1冊を選び出して紹介するサイトなので、本気の評論がしっかり書いてあるところが魅力です。
ベストセラーではないけれど丹念に作られた本や、有名ではないけれど個性が光る著者に出会えるのが楽しくて気に入っています。

>HONZ(ホンズ)


いつでもハシを

バザーの楽しみ

権守久美子
小学校のバザー&おまつりに参加して、PTAのOBとして焼き鳥とフランクフルトと生ビールを販売しました。

子供が卒業してから何年も経っているのに毎年参加のOBさんもいて頭が下がります。
「一年に一度こうして同窓会のように集まるのが楽しいのよ!」と慣れた手つきで焼き鳥を焼きながら、焼き方のコツを伝授してくれました。 私はまだまだ修業が必要です...。
今年はお天気にも恵まれ、瞬く間に完売しました。

他にも焼きそばやコロッケパン、昔懐かしい爆弾あられやソースせんべいのお店、缶バッジやミニ畳作り、射的などのコーナーも人気でした。 体育館ではバザーが行われ、日用品が安く購入できるとあって、開場の1時間前にはお客様がずらりと列を作っています。
引き出物でいただいた高価な瀬戸物やタオルなど、いつか使うだろうと何年もしまい込んだままの物を提供して、代わりに自分の気に入った物を安く購入できるのがバザーの楽しいところです。

在校生だけではなく、卒業生や近隣の方も毎年大勢来て楽しんでいます。

学校のバザーに近隣の方が参加できることも多いようです。
お近くのバザーをのぞいてみてくださいね!


身になるはなし

ちゅうじろうの好きなもの

柴田江身子
相変わらずミニレッキスのちゅうじろうと二人暮らしの柴田です。
ちょうど換毛期で毛が抜けまくって室内をふわふわ漂っていましたが、ようやく治まってきました。

飼い主に似たのか、ゴロゴロすることと食べることが何より好きなちゅうじろう。

夏にはよくキュウリを食べていました。
夏場はキュウリが安いのでありがたいですね。 秋になったらニンジンを食べています。
うさぎらしく、ニンジンもわりと好きです。 先日は私が酒のつまみに食べていたミニふがしが食べたいと言うのであげました。
しかし私もふがしが好きなので、ちびっとしかあげませんでした。 ちゅうじろうが本当に目がないのはナッツです。
ベランダでくつろいでいたはずが、ナッツの袋を開ける音で飛んできます。

あまりにもグイグイ来るので、ナッツを食べているところは写真に撮れないくらいなのです。
フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら