TOP > HOW TO リフォーム > 東京23区のリフォーム助成金情報 > 消費税が10%になる前にリフォームするには

消費税が10%になる前にリフォームするには

エコリフォームのリフォームアドバイザー、塩谷理枝です。

来年の10月に消費税が10%になります。まだまだ先のことだと思っていたら、もう1年後に迫ってきました。

今回は、消費税が10%になる前にリフォームする方法をご紹介します。
今から準備すれば、まだ間に合います。お得にリフォームできますよ。

<2018年10月更新>

来年の10月から消費税が10%に

現在、消費税は8%ですが、2019年10月1日に消費税を10%に引き上げることが予定されています。

日々の買い物や様々なサービスにかかるのが消費税です。もちろん、リフォームにも消費税がかかります。

リフォームの消費税は、リフォーム工事が完了して、お客様にお引渡しする時点の税率が適用されます。

住宅を新築する場合は、契約から引き渡しまで数ヶ月~1年近くかかります。 エコリフォームが多く手がけている大規模なリフォームでも、ご契約からお引渡しまで数ヶ月必要なことがあります。

「それなら、消費税が10%になる前に、早くリフォームしなきゃ!」と思うかもしれませんが、安心してください。

住宅の新築やリフォームには特別な経過措置があるのです。

消費税8%適用のスケジュール

前述のように、住宅の新築やリフォームでは、お引渡し時の税率が適用されます。

●契約時期に関わらず、10月1日より前にお引渡しが完了すれば、消費税は8%になります。

●3月31日までに請負契約をした場合は、お引渡しが10月1日以降であっても、消費税は8%になります。

●4月1日以降に請負契約をして、お引渡し完了が10月1日以降であれば、消費税は10%になります。

図の3つ目が、住宅に関する特別な経過措置となります。

お得にリフォームするには?

例えば大規模なリフォームをして、費用が1000万円だった場合、8%で80万円、10%で100万円の消費税がかかります。 20万円あれば、インテリアや家電の購入にも使える...と思うと、けっこうな差ですよね。
ですから当然、消費税が8%の時の方がお得にリフォームできると言えます。

今回の経過措置では、契約の期限から消費税が10%になるまでには、6ヶ月あります。
通常、かなり大規模なリフォームでも、契約からお引渡しまで6ヶ月以内に完了するものです。 契約からお引渡しまで7ヶ月以上かかる場合に、今回の経過措置が助けになるわけです。

では、契約からお引渡しまで時間がかかるのは、どのようなリフォームでしょうか?

  • 工事の時期が決まっている
    ご家族の都合などがあり、秋や冬になってからリフォームしたいという場合は、3月中に契約だけ済ませておくといいでしょう。
  • 着工までに時間がかかる
    住宅をまだ取得していない、ローン審査が必要など、様々な事情ですぐに工事を始められない可能性がある場合は、迅速に計画を進めましょう。
  • 住みながらのリフォーム
    お客様が住みながらのリフォームでは、一度に工事を進められないため、予想外に時間がかかることもあります。余裕を持って計画を立てましょう。

住宅エコポイントも検討されています!

2018年10月20日の新聞各紙で、消費税引き上げに合わせて、住宅エコポイントを復活させることを検討中という報道がありました。

住宅エコポイント制度は2009年に創設され、これまでに3回実施されています。 耐震・断熱などの基準を満たしたリフォームでポイントが発行され、工事費用にあてたり、商品券と交換できたりする制度です。

住宅ローン減税やすまい給付金などの制度も引き続き実施される予定です。 詳しい制度が決まったら、またこのページでご紹介します。

 

消費税率引上げに伴う住宅に関する経過措置について詳しくは、国土交通省「すまい給付金」のサイトをご覧ください。

耐震リフォームで所得税や固定資産税が減税される制度をご存知ですか? 詳しくはこちらでご紹介しています。

耐震リフォームの減税制度

このエントリーをはてなブックマークに追加