TOP > リフォームお役立ち情報 > エコリフォームTV >  一級建築士の解説 > 耐震と免震と制震は、どう違うんですか?【建築士Q&A】

耐震と免震と制震は、どう違うんですか?【建築士Q&A】

建物の地震対策として挙げられる「耐震」「免震」「制震」。言葉は似ていますが、それぞれ意味が少し違います。この3つはそれぞれどんな違いがあるのか解説します。

ムービープレビュー

動画の概要をご紹介します。

一級建築士の塩谷敏雄がリフォームに関するよくある質問に答えます。

Q:耐震、免震に加えて、制震という言葉も聞くようになりました。この3つの違いを教えてください。

A:建築学上、地震のエネルギーに対抗する手段として、制震・免震・耐震の3つの考え方があります。

【耐震】

耐震とは文字通り、地震に対して「耐える」方法です。地震が起こると建物に水平力(横からの力)がかかりますが、建物をガチガチに固めることで、地震の水平力に対抗します。

【免震】

地震の時には地面が動きます。地面には建物が乗っています。建物と地面の間に装置などを用いて、建物の揺れ方を変えることを免震といいます。

【制震】

地震のエネルギーを吸収して、地震を制する技術です。 地震の大きな揺れに対して、建物を若干揺らすことで地震のエネルギーに抵抗します。 制震は、何度も繰り返し来る地震に対して有効と言われています。

リフォームQ&AにもたくさんのQ&Aを掲載しています。あわせてご覧ください。

リフォームQ&A

この他のQ&A動画はこちらから。

エコリフォームTVトップ

このエントリーをはてなブックマークに追加