TOP > HOW TO リフォーム > リフォームの流れ > リフォーム中の仮住まいのご案内

仮住まいのご案内

水まわりのみなど、小規模なリフォームであれば在宅で工事をすることも可能ですが、 スケルトンリフォームのように大規模なリフォームではそういうわけにもいきません。

いったん仮住まいにお引越しいただき、2~3ヶ月の工事期間を経て、再度リフォームが終わったご自宅へお引越しいただくこととなります。

仮住まいとして、ご家族やご親戚のお宅を間借りしたり、 ウィークリーマンション・マンスリーマンションのように、週単位、月単位で借りられるお住まいを探すのが一般的です。
短い期間であればホテルを利用した方がいい場合もあります。

賃貸アパート・マンションの契約は通常2年間となるため、あらかじめ仮住まいであることを伝えて、 短期契約が可能な物件を探すのが良いでしょう。仮住まいを専門に扱っている不動産屋さんもあります。

家具などの大きな荷物がある場合は、トランクルームや、引っ越し業者の預かりサービスが便利です。
また、ペットを飼っているお宅では、ペット可の仮住まいを探す必要があります。 最近ではペット可のウィークリーマンション・マンスリーマンションや賃貸物件も増えてきているので、根気よく探してみましょう。

どうしてもペット可の仮住まいが見つからない場合は、ペットホテルなどに預かってもらう方法もあります。

エコリフォームの仮住まい ご提供終了のお知らせ

エコリフォームの仮住まいにご興味をお持ちいただきありがとうございます。
多くのみなさまにご利用いただいた仮住まいですが、2017年6月をもって、ご提供を終了することとなりました。

リフォーム時の仮住まいにお困りの方にはご迷惑をおかけいたしますが、また違った形の仮住まいをご提供できたらと考えております。
その際はまたあらためてご案内させていただきます。長きに渡るご利用、誠にありがとうございました。

江東区内の3LDKのマンションのお住まいを、弊社でリフォームされるお客様の仮住まいとしてお貸ししています。

私たちがおすすめする、自然素材の無垢フローリングを使った気持ちの良いお住まいです。

住まい全体に手を入れる場合は、 お客様が住みながら工事をするというのが、難しいケースも多くあります。

特に、スケルトンリフォームをされる場合などは、住みながらの工事はまず不可能です。

その場合は、マンションの場合は1ヶ月~2ヶ月、一戸建ての場合は2ヶ月~3ヶ月ほど、 仮のお住まいにお引越しいただく必要が出てきます。

しかしながら、都内の場合は、短期間の仮住まいを探すのは楽ではありません。

特に、ワンちゃんや猫ちゃんがいる方は、物件を探すだけでも大変なことですが、 こちらのお住まいでしたら、勿論、ワンちゃんや猫ちゃんとも、一緒にお暮らしいただけます。
※小型犬・中型犬までになります
このエントリーをはてなブックマークに追加