TOP > HOW TO リフォーム > リフォームの流れ > リフォームの予算について

リフォームの予算について事前の資金計画が肝心です

リフォームを経験したことがない方の中には、「資金計画と言われても、何をすればいいのか...」と途方に暮れている方もいらっしゃることでしょう。

リフォームの予算に対する考え方は、リフォーム会社によっても異なります。ここでは、私たちエコリフォームの予算に対する想いと、参考価格、耐震リフォームの費用などをご紹介します。

ご希望のリフォームにいくら必要なのか、その資金をどうやって捻出するのか、ご家族でよく話し合っておくことをおすすめします。

◆マンガ・リフォーム資金計画(PDF)

リフォームがはじめてという方のために、マンガでわかる資金計画をPDFで掲載しています。

資金計画の立て方とお金の流れを把握して、リフォームを成功させましょう!

※資料請求をいただいた方には、紙の資料と合わせてお送りしています。

PDFダウンロードはこちら

「ご予算内で、できる限り」をご提案します

エコリフォームでは、お問い合わせをいただいたお客様にご予算をお伺いしています。 その理由は、お客様のお心づもりの金額と、こちらがご提案する金額に大きな開きがあっては、現実的ではないと考えるからです。

建築は、出来上がったものを選んで買うのではなく、造り上げていくものです。 予算オーバーだから、途中でこれとこれを止めて...、などと明確に引き算をしていくことが難しい場合も多々あります。

それならば、プロとしてできる限り、お客様のご予算内でご希望に添ったご提案をさせていただきたいという想いから、あえてご予算をお聞きしております。

お客様の中には、「予算を伝えると、その金額に合わせて見積りを提示するのではないか」と言われる方もいらっしゃいます。
しかし、私たちとしては、決められたご予算の中で、どこをどう工夫したら、お客様の理想により近づけることができるかをご提案したいと思っています。「ご予算内で、出来る限りのことを考える」ということが、プロとしての大切な仕事だと思います。

私たちは、お客様のお住まいのご要望を叶える方法を、お客様と一緒に考えます。大げさかもしれませんが、それが私たちの使命だと思っているのです。


詳細な工事内容に基づいて、お見積りをご提示します

リフォームにおいて、資金計画はとても重要です。
「工事中に次々と追加料金が発生して、トータルの費用が当初の予算をはるかに上回ってしまった」などということがないようにしたいものです。

エコリフォームでは、大まかな概算費用は無料でお伝えしておりますが、詳細なお見積りはプランニング契約後、建物の現状とご要望に沿った工事内容に基づいて、明確な金額でご提示します。

プランニング契約をいただく前のお見積りは、詳細が考えられていなかったり、予測不能な点が多かったりして、不正確になりがちです。

コーディネーターが詳しくご要望をお伺いし、経験豊富な建築士が建物を調査した上で、最終的なご請求金額に近い詳細な見積もりをご提示することが、お客様のためになると考えています。

●時には、想定外のダメージがあることも

解体前に建物の状態を調査するには限界があります。
着工して解体してみたら、表からは見えない基礎などに、想定外のダメージが見つかったという事例もあります。

こうした場合は、お客様に現場で建物をご確認いただき、最善と思われる追加工事とそれにかかる費用をご提案しています。
工事内容だけでなく、費用面でもご納得をいただいた上で、引き続き工事を続けさせていただきます。


リフォーム費用の「坪単価」

リフォーム費用を「坪単価」で設定されているリフォーム会社もありますが、坪単価での価格設定は基本的な工事の費用であり、それ以外の工事は別途料金が発生する場合が多いようです。

リフォーム工事は新築と違い、既存の建物の状態や条件によって、施工の内容や方法が異なります。 他にも、リフォームの価格は、お客様のご要望や、施工する素材などによっても変わってきます。

リフォーム費用はそもそも、「坪単価」としてどの建物でも均一な価格を設定することは難しいのです。

私たちは、一つ一つの建物、お一人お一人のお客様に合わせたオリジナルなご提案を行っているのでなおさらです。単純に坪単価を設定することは不可能だと考えています。


施工事例での参考価格

リフォーム費用を均一価格で表すことが難しいとはいえ、目安となる金額が無くては、ご予算を立てるのが難しいことでしょう。

そこで、過去にエコリフォームで施工した住宅リフォームを元にして、参考価格をご紹介いたします。ご参照ください。

●参考坪単価

スケルトンリフォームの事例(総工費/延べ床面積)

600,427円~1,054,702円/坪

一口にスケルトンリフォームの事例と言っても様々です。リフォーム内容や床面積の違いにより、金額の幅が大きくなっています。

●世田谷区 O様邸の場合

築21年の中古住宅をご購入になり、スケルトンリフォームをご依頼いただいたお客様です。

リフォーム完成後のインタビューとともに、中古住宅購入からリフォームまでにかかった詳細な費用を公開しています。 ぜひ、資金計画を立てる際のご参考にしてください。


耐震リフォーム費用について

「耐震リフォーム」と聞くと、ただ耐震金物を設置するだけ、といった工事をイメージされるかもしれません。
しかし、エコリフォームで施工している耐震リフォームは、既存の壁などを解体して、家の構造を改修していく工事です。

こうした家の構造に関わる耐震リフォームを単体で行うことはほとんどありません。 見た目や使い勝手を改善するような、通常のリフォーム工事と合わせて行われます。
過去の施工事例でも、スケルトンリフォームでは、ほぼすべての事例で耐震工事を行っています。

ですから、耐震リフォームの費用は、通常のリフォームと諸費用に、耐震工事の費用を加えたものとなります。

 

耐震工事の費用は、補強したい箇所から計算する方法と、耐震診断の評点から計算する方法があります。詳しくは下記をご覧ください。


各事例の費用は、お問い合わせください

リフォーム事例で公開している事例には、費用は掲載していません。
費用は物件の所在地やお名前と同様、お客様の個人情報であるという考えから、インターネット上での不特定多数への公開は控えさせていただいています。

公開しているリフォーム事例の費用については、お電話・メールにてお問い合わせください。個別に回答いたします。

また、資料請求された方にお送りしている紙の資料には、一部事例の費用を掲載しております。
お問い合わせフォームから資料をご請求ください。

資料請求はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加