TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 床の素材 > 無垢フローリング~ラバーウッド

無垢フローリング~ラバーウッド

最終更新日:2018/09/10

「ラバーウッド」の無垢フローリングをご紹介します。

名前からも想像できますが、ラバーウッドとは「ゴムノキ」のことです。ゴムノキは東南アジアなどで栽培されています。

リサイクル無垢材!?

東南アジアでは、天然ゴムの樹液を採るためにラバーウッドの林が造られています。 ここで天然ゴムを採取した後のラバーウッドが、無垢フローリングの材料として再利用されているのです。

以前は、樹液の採取が終わったラバーウッドは廃棄されていました。 こうしたラバーウッドを有効活用するために開発が進められ、現在では素敵な無垢材として使うことができるようになりました。 樹液採取が終わったラバーウッドは伐採され、防虫&防カビ処理をした上で、集成材に加工されています。

ラバーウッドは、成長が早いこともあり、エコな素材として知られています。 植林してから伐採されるまでのサイクルが短く、循環資源として利用されることもあるそうです。

ラバーウッドの特徴

ラバーウッドの木目は穏やかで、適度に堅く、淡い黄白色をしています。

加工・着色がしやすいため、ナチュラルな色から濃い色まで、好きな色のラバーウッドをお選びいただけます。 優しい色合いのラバーウッドを使うと明るい印象になります。ダークカラーのラバーウッドで高級感を演出することもできます。

ラバーウッド材は無垢フローリングとして使われる材料の中でも、比較的お手ごろな価格です。 通常はウレタン塗装仕上げとなるため、お手入れも簡単です。 ただし、ラバーウッドはオイル塗装仕上げには向きません。

ラバーウッドの無垢フローリングを採用された事例

リフォームで実際にラバーウッドの無垢フローリングを選ばれた方の事例です。

ラバーウッド材を採用して、リフォームの費用を少し抑えることができたそうです。ぜひご覧ください。

様々な無垢フローリング

様々な種類の木が、無垢フローリングとして加工されています。 使われる木の種類によって、特徴や色合いが異なり、使用に適した場所も違ってきます。 その一部をご紹介します。


カテゴリー:床の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加