TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 窓・サッシ > ペアガラス

ペアガラス
ぺアガラス(複数の硝子)は、2枚の板硝子(厚さは3㎜)の間を6㎜にして、その間に乾燥した空気を注入した硝子のことをいいます。

室内と室外の間に空気層をつくることで、熱の移動を防ぎます。
省エネに繋がりますので、別名エコガラスとも言われています。 単体の硝子に比べ、利点が多く近年建てられる気密・断熱化住宅には欠かせないものとなってきました。

ペアガラスの施工例です
◆ ペアガラスの施工例はこちらをご覧下さい。

■ ペアガラスの特徴

◆断熱性能に優れる&省エネにもなる!

  夏は外の暑さをシャットアウトし、冬は、家の中の暖房熱を逃がしません。そのため、空調のパワーが抑え目であっても快適なお部屋を実現できるので、省エネになるのです。エコガラスってことですね。

一枚ガラスと比べて、年間で約1万4千円の節約になるそうです!(東京の場合/ご家庭によって差があります)


◆冷気シャットアウト

  窓辺の冷気も抑えます


◆結露防止

  結露のびしょびしょを解消します。
冬場の室温室温20℃、室内湿度50%の環境では3mmガラスでは外気4℃で結露が発生しますが、 3mm+3mmの複層ガラスでは、外気温-7℃まで結露が発生しません。また、梅雨時の室温20℃ 室内湿度80%では、外気温11℃まで結露が発生しないそうです。


冬の寒い日、毎朝起きたら窓が水滴だらけで、まずは窓拭きから・・・なんてお宅も多いかと思います。
でも、ペアガラスに交換するリフォームをすれば、そんな煩わしい家事から解放されそうですね!


■ ペアガラスの工事について

ペアガラスは、厚みがありますので、今まで1枚ガラスだったお宅の場合、ガラスだけの交換はできません。 窓サッシごとの交換する必要があります。




このエントリーをはてなブックマークに追加