TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 床の素材 > 無垢材のフローリング~ケンパス

無垢材のフローリング~ケンパス

最終更新日:2018/09/10

ケンパス材って、ご存じですか?
あまり聞きなれない名前だな・・・という方が多いかもしれません。

ケンパスは東南アジアを主な産地とするマメ科の広葉樹です。 近年、その美しさと強さが認められ、内装材として人気が高まっている注目の素材です。

同じマメ科のカリンやローズウッドと似た、赤っぽい色をしています。

ケンパスの無垢フローリングのご紹介。カリンやローズウッドと似たあたたかみのある色が特徴の無垢材です。

つよ~い、ケンパス材

ケンパス材の最大の特徴は、非常に頑丈であることです。 その強さは、かつて線路の枕木やトラックの荷台に使用されていたことからも、うかがい知ることができます。

現在では、多くの人が行き交う公共施設や商業施設の床に採用されたり、長持ちで丈夫な家具を造るために利用されています。

活躍の場が移っても、ケンパス材の強さが活かされているのです。

ケンパス材の特徴

そんな丈夫なケンパス材ですが、強いだけではありません。見た目の美しさにも、定評があります。

ケンパスの色は、あたたかみを強く感じられるテラコッタのような赤褐色です。 経年変化によって、徐々に色が濃さを増していくのも楽しめます。

濃さを増したケンパスは、同じマメ科の仲間であるカリンの色合いに似てきます。 高級材のカリンに似た雰囲気を、比較的安価に味わえるのも、ケンパスの特徴となっています。

ケンパス材には他にもこんな特徴があります。

  • 虫がつきにくい
  • 乾燥すると狂いが少ない

無垢フローリング材としても、家具材としてもうれしい特徴ですね。ケンパスの需要が高まっていることも頷けます。

ケンパスの無垢フローリングを採用された事例

リフォームで実際にケンパスの無垢フローリングを選ばれた方の事例です。 ケンパスの高級感のある色合いが、お客様のこだわりのインテリアととてもマッチしています。 白い壁との相性もバツグンです。ぜひ、ご覧ください。

様々な無垢フローリング

様々な種類の木が、無垢フローリングとして加工されています。 使われる木の種類によって、特徴や色合いが異なり、使用に適した場所も違ってきます。 その一部をご紹介します。


カテゴリー:床の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加