TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 省エネ住宅 > ラミパックSD

ラミパックSD
最近、弊社の行うリフォームで、使用する機会の多い「遮熱材」ラミパックの紹介です。

ラミパックは、気泡緩衝材の両面をアルミパックで挟んで出来た薄くて軽い遮熱材で、 高い性能を持つ事で近年注目されています!

気泡緩衝材とは商品を保護するための空気を含んだ透明な材です。 クッキーなどの缶に入っているのを、誰もが一度はプチプチと 潰したことがあるのではないでしょうか?

メーカー、坂井化学さんのホームページによると、 ラミパックはこの気泡緩衝材に純度99%のアルミ箔を熱溶着してあるそうです。 接着剤などを一切使っていないので、とても安心な素材でもあります。

夏場、駐車場などで車のフロントグラスを内側から銀色のシートで覆っているのを 目にしたことはありませんか?
あのシートも熱い日差しを反射して、車内の温度が上昇するのを防いでいます。 ラミパックはあのシートととてもよく似ています。

ラミパックの施工場所は屋根の下や外壁の室内外です。

97%の反射率をもつラミパックは、 夏は外気温や熱い日差しを反射して 屋根や外壁からの輻射熱を遮断し、室内温度の上昇を抑えてくれます。

また、室内では冷房の冷気を外に出しにくくするので、冷房効率が上がります。 あまり設定温度を下げなくとも快適な環境を保てるのです。

冬は外の冷たい空気を遮断して、室内温度の低下を抑えてくれます。 もちろん暖房効率も上げてくれ、断熱材としての性能もあります。

断熱材の性能は厚みに比例するのですが、(ラミパックは薄くても効果が得られるので)壁の厚みを取ることが難しい長屋の界壁の断熱材としても利用しています。

この遮熱効果の高いラミパックで屋根の下や外壁を覆うことで、 外気の影響を受け難くい快適な住環境をつくることが出来るのです。

ラミパックは今注目の遮熱材です。

このエントリーをはてなブックマークに追加