リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 無垢材・無垢フローリング > 【マンション】無垢フローリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
【マンション】無垢フローリング

洋室の床材として使われているフローリングには、大きく分けて、合板のものと無垢のものがあります。

合板と無垢は、何が違うのでしょう?
その違いについてご紹介いたします。

■ 合板とは?

「合板」とは、複数のベニアを接着剤を使って貼り合わせ表面に天然木の薄板を貼りつけたものをいいます。
表面の化粧天然木は一般的には、0.3mm~2mmです。
一般的に多く使われています。

■ 無垢とは?

一方「無垢」とは、混じりもののない純粋ということを意味します。
その名のとおり、天然木から取り出された単層板でつくられたものをいいます。

■無垢フローリングの特徴

無垢のフローリングはもちろん木そのものの素材の特徴を兼ね備えており、床として施工された後も空気中の水分の吸収・排出を繰り返しています。
湿気の多い夏は余分な湿気を吸収し、素足で歩いてもさらっと快適に、乾燥しがちな冬は水分を排出し、 静電気の発生を抑えてくれるなどの効果もあります。

また、木材は多くの空気を含みますので断熱性も高く、冬でも床面のヒヤッとした感覚は感じにくいです。
反面、その優れた調湿作用によって素材自体が伸縮しますので、板の反りや板間の隙間ができたりする時もありますし、 傷つきやすく、汚れやすい、自然素材であるがゆえ色や柄(木目)にばらつきがある、などのデメリットもあります。

一方、自然素材が持つこのような狂いやばらつきなどの欠点を解決するために加工、製品化されたものが合板です。

※塗装をかけた無垢フローリングの吸収排出の効果について
ウレタン塗装やUV塗装をかけた無垢のフローリングは、表面に樹脂の塗膜ができる為、水分の吸収排出の効果は無くなります。(断熱性の効果は無くなりません。)
無垢の良さを充分に活かしたい方は、無塗装のものに自然素材のワックスやオイルを使用される事をおすすめいたします。


■無垢フローリングとの暮らし

皆様にも是非、自然素材の持つ温かみや、このようなメリットを暮らしの中に取り入れていただきたいと思いますが、 同時にデメリットも受け入れてあげましょう。
合板フローリングに比べお手入れには少し手間がかかりますが、年月と共に味わいが増していくので 少々の傷や汚れ、色合いの変化も味として、おおらかに付き合っていけるといいですね。



アレルゲンの原因と思われた畳を、パイン材の無垢フローリングに張替えされたお客様の事例をご紹介します。

>マンションリフォーム事例「自然素材でアレルゲンを軽減」


無垢フローリングを使いつつ防音もクリアしたい


優れた特徴を持つ無垢フローリングですが、遮音性能が認められておりません。

しかし、マンションでは、特に下階への騒音面での配慮として、使う床材に関しては、遮音性能のある一定の基準を満たしたもの、
という決まりを定めている事がほとんどです。

その為、マンションで無垢フローリングを採用される場合は、フローリングの下に遮音材を敷いて、その基準をクリアする必要が出てきます。


■ ユニフェルトケナフA を使用する



こちらは、マンションのリフォームで、床に無垢のフローリングを施工したい場合に、必要となる遮音材です。


ユニフェルトケナフAは、ケナフのフェルト(遮音材)と、アスファルト(制振材)でできた遮音マットです。

ケナフは紙の材料として知られる自然素材、アスファルトは原油から生成されますが、天然物に近く、反応性に乏しい安定した素材です。

こちらのユニフェルトケナフを、無垢のフローリングの下地に使用することで、L-45という防音の規定を満たす事ができ、 無垢のフローリングをマンションの床に使用できる可能性が広がります。


■ 木の香 防音マットを使う

こちらは、遮音制振マット(黒っぽい色部分)+耐水パーティクルボード(茶色の部分、木くずを固めたもの)+エアクッション(白色の部分、緩衝材のプチプチのようなもの)でできていて、L-45の基準を満たす性能を持っています。


■ 置き床工法

割と築年数のあるマンションでは、トイレや、洗面など水周りの近くが、配管スペースを確保するために、室内の一部の床が高くなっている事があります。そういったマンションでバリアフリーにしつつ、防音規定もクリアしたいという方には、「置き床工法」という施工方法もございます。




無垢フローリングを採用した事例


事例 マンション

■カバ桜を採用

明るい色合いが人気の「カバ桜」フローリングを使用された事例です。こちらのお客様は、無垢の風合いを十分に活かすことを重視されたので、ウレタン塗装のものにはせず、自然塗料のオイルで仕上げました。

>マンションリフォーム事例「やさしい住み心地のNatural House」

事例 マンション

■スマトラカリン材を採用

ニッシンイクス社の「スマトラカリン」のフローリングを贅沢に使用された事例です。深みのある赤が特長の、堅い材料です。落ち着いた雰囲気の美しい床になりました。

>マンションリフォーム事例「マンションリフォーム物語」

事例 マンション

■フレンチパイン材を採用

フレンチパインは、パイン材の中でもやや固めな為、傷がつきにくいのが特徴です。やや赤みを帯びた色合いと自然な木目が美しいフローリングとなりました。

>マンションリフォーム事例「赤ちゃんにも安心な家」

事例 マンション

■ヒノキ(檜)を採用

水に強いのが特徴のヒノキ。切削加工しやすく木目が細かくツヤも良い、優良な木材として、昔からもっともポピュラーな材と言っても良いかもしれません。

>マンションリフォーム事例「家族のためのこだわりリフォーム」

事例 マンション

■カバ桜を採用

カバノキ科の材です。「カバ桜」とはいっても桜ではなく、美しい木目が桜の木のようなので「カバ桜」と呼ばれるようになりました。優しい色合いの木目が、明るい空間を演出しています。

>マンションリフォーム事例「中古マンションまるごとリフォーム」



★こちらの自然素材もあわせてご覧ください。

自然素材のトップページへ

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら