TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > マンションリフォーム

リフォーム自然素材 マンションリフォーム

【マンション】竹フローリング

竹ってあの竹??

そうです、あの竹です。
タケノコがぐんぐん伸びることでも知られていますが、竹は生長が早く、繁殖力の強い植物です。

続きはこちら

【マンション】無垢フローリング

洋室の床材として使われているフローリングには、大きく分けて、合板のものと無垢のものがあります。

合板と無垢は、何が違うのでしょう?
その違いについてご紹介いたします。

続きはこちら

【マンション】コルクタイル

コルクタイルの原料は、ポルトガルを中心に地中海沿岸に生育するコルク樫の樹皮です。
コルク樫は皮を剥がすと数年でまた皮が厚くなり、木の寿命が尽きるまで繰り返し採取できます。
木そのものを伐採しないので、環境面からも優れた天然資源といえます。

そんなコルクをワックスなどで焼き固めてタイル状にした建材が、「コルクタイル」です。

続きはこちら

【マンション】琉球畳

もともと「琉球畳」は、大分県や中国四川省で栽培されている「七島い草」を使った畳のことを指したそうです。
今では、半畳サイズで縁がない、琉球畳と同じ特徴を持つ畳を「琉球畳」と呼ぶこともあります。

続きはこちら

【マンション】和紙畳

「和紙畳」ってご存知ですか? ふつうの畳はい草でできていますが、和紙畳はい草の代わりに、和紙を細く裂いたものを丁寧に編みこんで作られたものです。

「和紙は弱いのでは?」と思われるかもしれませんが、そんなことは無いんです。

続きはこちら

【マンション】国産い草のエコ畳

マンションではフローリングの床が一般的ですが、畳はたくさんのメリットを持ったおすすめの素材です。
マンションリフォームでも、畳を使ってみませんか?

続きはこちら

【マンション】火山灰シラスの薩摩中霧島壁

薩摩中霧島壁(さつまなかぎりしまかべ)は、室内の壁の仕上げに使う塗り壁材のひとつです。薩摩、と名前が付いていることからもわかるとおり、九州の素材です。

九州南部に広く分布する火山灰「シラス」を主成分とした、100%自然素材の塗り壁材です。

続きはこちら

【マンション】スイス漆喰カルクウォール

スイス漆喰カルクウォールは、室内の壁の仕上げに使う塗り壁材のひとつで、ドイツのリボス社の製品です。
漆喰は、日本でも昔から使われてきたおなじみの塗り壁の材料ですが、カルクウォールはスイス製の漆喰になります。

もちろん、天然成分100%。
日本の漆喰と同様に、調湿性能、断熱性能、防火性能が非常に高く、室内環境を快適に保つところが、嬉しい特長です。お悩みの方が多い、マンションの湿気対策にも効果的です。

続きはこちら

【マンション】マンションにおすすめ珪藻土

珪藻土は、植物性のプランクトン(藻)が、長い間に海底や湖底に堆積して化石化したもので、室内の壁の仕上げに使う塗り壁材のひとつです。

熊本城の内壁材に使用され、これを非常食として籠城に備えたと言われています。
建材としてだけでなく、七輪の材料やビールのろ過材にも使われています。

続きはこちら

【マンション】家具の仕上げに蜜蝋ワックス

蜜蝋とは、ミツバチの巣の材料そのもの。ミツバチが巣を作るために体内から分泌するロウのことです。

蜜蝋ワックスには、ハチミツを取った後の巣を溶かし、ゴミを除去した無漂白の蜜蝋を使用しています。
この無漂白の蜜蝋は、耐久性、防水性、防汚性を高め、優れたワックス効果を発揮します。

続きはこちら

1 | 2

このエントリーをはてなブックマークに追加