TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 間取り・居室の変更をしたい > 改築リフォームの間取りで注意する点はありますか?

最終更新日:2016/10/20

改築リフォームの間取りで注意する点はありますか?

改築で間取りの変更をする際に何か注意しなければならないことはありますか?

A. 建物を支える柱や梁、耐力壁などを抜いてしまって、構造的な問題が生じない様にする事が大切です。

木造軸組工法の場合、利点ともなっている「設計の自由度」が、 間取りを変えるために気軽に柱や梁を抜いてしまうことで、 逆にあだとなってしまう事があります。

2部屋の間取りを、オープンに1部屋にされたいとのご要望をよく頂きますが、 壁を撤去することで、建物を支える耐力壁も間違って撤去してしまうと、構造に問題が生じてしまいます。

やはり、構造に起因する部分を改築リフォームされる際は、有資格者の方とよく相談されて設計しましょう。

勘や経験も大事ですが、それだけでなく、きちんとした力学に基づいて設計することが大事です。

増築・改築リフォームする場合には、柱、梁、筋かいを補強するなど、 改築前と耐震性などが変わらないようにするか、強化するようにしてください。


また、水まわりの位置変えでは、配管がどの方向から引かれているかに注意したほうがいいでしょう。 引かれている方向と逆の位置に水周りを移動させると、配管を延ばさなかればならなくなり、 工事費用がかさんできます。



このエントリーをはてなブックマークに追加