TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 耐震診断・耐震補強 > 築50年の木造住宅で傷んでいるのですが、耐震補強はできますか?(江東区・K様)

築50年の木造住宅で傷んでいるのですが、耐震補強はできますか?(江東区・K様)

江東区にある築50年の木造住宅に住んでいます。
築50年ということで、とても古くてかなり傷んでいるのですが、耐震補強はできますか?

A. いくつか注意点をお話しします。

世界でも稀に見る地震国である日本は、度々大きな地震に見舞われてきました。
その都度、建築基準法が改正され、住宅の耐震基準も見直されてきています。

築50年のお住まいということなので、一番新しい耐震基準で建築されている最近の住宅に比べると、やはり強度は劣っているかと思われます。

※そのくらいのお住まいになりますと、旧耐震基準の建物、というだけではなく「基礎から問題がある」可能性もあります。

私共は、数々の経年した 木造住宅をリフォームし、耐震補強を行ってきております。 築50年を超えるお住まいの改修も、多く手がけております。

築45年のお宅の耐震補強をさせていただいた際の写真です。
水周りでシロアリ被害のあった部分を交換し、補強を行いました。

» この事例の詳細はこちら

しかしながら、その建物がどの様な木造の方法で、どのような建て方で形成されたのかを理解しなければ、補強は必ずできるとは申し上げられません。

大切な事は、その建物がどんな状態なのか、現状を把握し、適切な処置を施す事です。 ですから、特に築年数の経ったお住まいに関しましては、メールやお電話だけで回答するのは難しいのです。

私どもでは、出来る限り「現地を拝見」させていただいた上で、適切にお話をさせていただきたいと考えております。


★ 古い木造のお宅を、改修させていただきました、弊社のリフォーム事例です。

お客様のご要望、ご事情に合わせ、様々なやり方で工事を行っております。 併せてご覧ください。


耐震リフォームについて詳しくはこちらへ

カテゴリー:耐震診断・耐震補強

このエントリーをはてなブックマークに追加