TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 耐震診断・耐震補強 > 古い家でも耐震診断できますか?(墨田区・I様)

古い家でも耐震診断できますか?(墨田区・I様)

墨田区の築60年くらいになる家に住んでいます。
古い木造の家なので、地震が心配です。
耐震診断をしていただきたいのですが可能ですか?

A. 年数が経過したお住まいであっても、耐震診断は可能です。

年数が経過したお住まいであっても、耐震診断は可能です。むしろ、経年しているお住まいなのであれば尚更、早めの診断をしていただくべきかと思います。

一口に 耐震診断 と言っても、色々な方法があります。以下をご参考になさってください。


◆ 簡易診断 ◆

どなたでもご自宅のパソコン上で、家の形や、増築の有無、建てられた年数といった簡単な設問に解答するだけで出来ます。
詳しくは、日本建築防災協会の耐震支援ポータルサイトをご覧ください。

ただ、細かいところまでは簡易診断でははっきりできず、あくまでもおおまかな事がわかるだけです。特に、年数の経過しているお住まいの場合、簡易診断だけではちょっと心配ではないかと思います。

気になる方はやはり、一般診断もしくは精密診断が必要になってきます。

◆ 一般診断 ◆

専門の解析ソフトを使用て、建物が地震に対して耐えられるのか、それとも倒壊の恐れがあるのか、ということを、正確な数値にして出します。

有資格者(一級建築士等)が目視にて判断し、データを取ります。

図面等があれば更に詳しく解析できますので、出来ればご用意ください。

◆ 精密診断 ◆

有資格者(一級建築士等)が、見えない部分まで細かく調査いたします。

壁や床の内装をいったん剥がさせていただく必要がある診断ですので、その後の補修費用もかかってきます。その為、精密診断の場合は、それだけで行う事はあまり無く、耐震補強工事を兼ねる事がほとんどです。

» 実際に診断+補強を行ったお客様の事例はこちらからご覧ください。

一般診断、精密診断になりますと、やはり有償になります。状況を鑑みて、選択されてください。

質問者様がおっしゃる「古い家」というのがどの程度の年数であるのかわかりませんが、昭和56年以前のお住まいということであれば、耐震診断に対する助成を行っている自治体が多くあります。

是非、お住まいの自治体に確認してみてください。



カテゴリー:耐震診断・耐震補強

このエントリーをはてなブックマークに追加