TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 耐震診断・耐震補強 > 地震で倒壊しない家にしたいです(文京区・A様)

最終更新日:2017/11/27

地震で倒壊しない家にしたいです(文京区・A様)

文京区にある築40年の家で老朽化も目立っているのですが、頻繁に地震が起こり、毎日心配です。
しかし、我が家は建て直しをすることができない条件の土地にあります。地震への不安がありますが、このまま住むしかありません。

地震で倒壊しない家にすることは、可能ですか?

(文京区・A様)

A. 診断に乗っ取った方法で地震に備えた補強を行えば「地震で倒壊しない家」にする事は十分可能です。
まずは、ご自分の住宅が、どのくらいの性能の家なのかを知ることが重要です。

ある程度、経年していて、耐震基準も現在のものほど整っていない時代の建物であった場合、 やはり新しい家よりは不安な点はあるかと思います。

しかし、古いからと言って危険度が大きいとは限らず、まずは耐震診断をしなければそこが明確にはなりません。
住宅を人間に例えるなら、お年を取られた方がすべて不健康かと言うとそうでもありませんよね。
人間も調子が悪く無くても健康診断をするように、建物も診断を行い、まずは現状を知ることが大事です。

耐震診断でまずご自分の住宅が本当に弱いのか、強いのかを診てもらい、 どの部分が弱点であるかを把握ししっかりと確認することが重要です。

その上で、診断に乗っ取った方法で地震に備えた補強を行えば「地震で倒壊しない家」にする事は十分可能です。


★経年した建物でも、的確な補強をされて地震に強くなったお住まいの例です。 合わせてご覧ください。

★築35年のお住まい【墨田区】

地震に対する備えが最も大事であるとお考えになり、大地震が起こっても命を落とすことが無いようにと、思い切って大掛かりな補強工事をされたお客様です。構造評点を大きくアップさせることができました。
>>事例紹介ページはこちらから!


★築50年のお住まい【文京区】

こちらのお客様も地震に備えて、区が行っている耐震診断をされたところ、心配な結果が出たとのことでご相談くださいました。お客様がお持ちだった区の診断の資料と、弊社建築士である塩谷の判断により、的確な補強がされ、地震に対する抵抗力を大きく上げることができました。
>>事例紹介ページはこちらから!



カテゴリー:耐震診断・耐震補強

このエントリーをはてなブックマークに追加