TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 古い家のリフォームをしたい > 古い家をリフォーム予定ですが、外壁にも手をいれなければなりませんか?(江戸川区・S様)

最終更新日:2018/01/24

古い家をリフォーム予定ですが、外壁にも手をいれなければなりませんか?(江戸川区・S様)

我が家は江戸川区の築29年の木造住宅です。 窓の立て付けが悪くなってきたので、窓まわりをリフォームする予定です。
この場合には外壁にも手を入れざるを得ないのでしょうか。

できれば予算は少なく済ませたいので、窓だけのリフォームで済むならそうしたいと考えています。

A. まずはなぜそのような不具合が発生しているか、専門家に見てもらいましょう。
ご質問ありがとうございます。窓の立て付けが悪くなってきたのですね。その場合、いくつか理由が考えられます。

一つ目は、窓サッシの劣化による不具合です。
長年の開け閉めによって、サッシについている戸車がすり減ることにより開け閉めがスムーズでなくなるなどの不具合がでてきます。戸車が問題であれば、戸車の交換や、調整で改善されることもあります。

もう一つは、建物がゆがむことによる不具合です。 例えば、地震で建物が傾いたり、白蟻などで建物の耐力が失われると、歪みや傾きが生じます。
その場合、窓まわりだけを交換したとしても、立て付けの悪さは改善されません。耐震の診断をする時には、窓の立て付けが悪くなった箇所はないかなどの調査をすることもあります。

まずは専門家に相談して、なぜそのような不具合が発生しているか原因を明らかにし、よりベターな方法を選ばれることをおすすめします。
それによって、費用も工事の方法も大きくかわってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加