TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 地震に備える > 鉄筋コンクリート造の家をリフォームしたいのですが、耐震工事を行ったほうが良いのでしょうか?

最終更新日:2016/10/18

鉄筋コンクリート造の家をリフォームしたいのですが、耐震工事を行ったほうが良いのでしょうか?

鉄筋コンクリートの家に住んでいます。
多少古びてきたのでリフォームしようかと考えているのですが、鉄筋が入っている家でも耐震工事は行ったほうがいいものでしょうか。
また、この場合にどのような箇所を中心に工事することになりますか。

A. 耐震工事で大事なポイントは、現在の建物の「現状を把握する」事です。
鉄筋コンクリートの場合でも、木造建築の場合でも、耐震工事で大事なポイントは、現在の建物の「現状を把握する」事です。

古いから全て危険だとか、古いから耐震的に劣っているとは言い難いものです。 現状を把握するためにも「耐震診断」が必要です。

どこが危ないのか?どこが耐震的に不足してるのかは、診断してみなければわからないものです。

耐震診断を受けられた上で、きちんとした耐震計画が立てられ、正しい施工を行うべきです。
鉄筋がどの位入っているのか?太さや大きさはどうか? など、設計図面を基に技術者が行います。

鉄筋コンクリート造の建物の耐震補強としては、既存の壁の厚さを増す、増し打ち補強と、壁を新規でつくることが考えられます。

また、柱の補強としては、基本的に柱に回りにシートを巻きつけて補強する形になります。

鉄板巻き補強や炭素繊維シート補強がありますが、巻きつける事で柱が太くなり空間が狭くなってしまうと不便ですので、最近では炭素繊維シートによる補強の方が手法としてよく使われているそうです。
このQ&Aは役に立ちましたか?
このQ&Aが役に立った:0
このエントリーをはてなブックマークに追加