TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 増築をしたい > お風呂が狭いので増築したいのですが・・・(台東区・K様)

お風呂が狭いので増築したいのですが・・・(台東区・K様)

現在、台東区の狭小住宅に住んでおり、家をリフォームしたいと考えています。

特に気になっているのがお風呂です。湯船が小さく、タイルもだいぶカビが目立ちます。
一番の解決方法は、風呂場自体を大きくすることだと思うのですが、そのような増築はできますか?

A. 増築となると様々な制限があり、難しいかもしれません。
お風呂でお悩みですね。
お風呂で一日の疲れを癒すと仰る方も多いので、できればゆったりと したい場所ではありますね。

ただし、ご相談のように増築に関しては、それほど簡単な事ではありません。

増築とは、一般的には、既存の建築物に建て増しを行ない床面積を増やす工事を指します。
増築には、市町村への申請が必要です。

今、実際に建っている建物が、現行の建築基準法の則った建物であれば、

・床面積が増加した後の状態も、都市計画法で定める用途地域に適法な建物用途であること
・建築基準法で定める建物用途や建物規模に応じた防火に対する建物構造や避難施設など
 建物設備が適法であること
・道路斜線や隣地斜線等の形態制限において適法であること


が求められます。 また、既存の建物が既存不適格建築物である場合は、増築申請の前に現行の建築基準法に 適合した建物ものにすることが求められます。

上記のようなことをこうして文章でお答えするのは簡単ですが、実際に法に則って 進めていくことは、非常に難しい場合がほとんどです。

>>既存不適格建築物についてはこちらを合わせてご覧ください

法に則った形で進められるのであれば、問題はありませんが、もしそうでないケースであれば、今の床面積の中で、何とか間取りの設計を検討し、お風呂のスペースを確保される ことが良いように思います。

ユニットバスの設置が可能かどうかの検討も必要でしょう。

建物や敷地の条件がわからないままのお返事ですので、あくまでも一般的なお話となります。

また、増築に関して、更に詳しい情報は、各市町村の建築課へお尋ねください。

カテゴリー:増築をしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加