TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 階段 > 急で狭い階段を、段数や角度を変えるリフォームというのはありますか?(江東区・N様)

急で狭い階段を、段数や角度を変えるリフォームというのはありますか?(江東区・N様)

江東区にある狭い家のリフォームを考えているのですが、一番の悩みどころは階段です。
幅も狭く、スペースがないために角度が急で、1段1段も高いので、年をとった両親は昇り降りが辛いと嘆いています。
階段の段数や角度を変えるリフォームというのはありますか?

A. 今の建物の条件やご要望を十分に考慮して計画をなされば、階段を使いやすく架け替えることは可能です。
階段のお悩みですね、承りました。

私どもでは、経年した都内の建物の改修工事をさせていただくことが多いのですが、階段が急なお宅は、都内の住宅密集地域では珍しくありません。

みなさん、何とかしたいと仰います。

ただし、階段を架け替える工事は木造の場合、建物の構造体(骨組み)も十分に考慮して行なう必要があります。

私どもでお受けする工事の場合も通常は、スケルトンもしくはそれに近い状態の大規模なリフォーム工事の際に行うことが大多数です。

住まう人が使いやすい階段の形状や場所にするためには、どの程度の変更が必要か?構造上、階段を設置する場所は、吹き抜けでなくてはなりません。

なだらかな傾斜にするために階段面積を大きくする必要がある場合、吹き抜けもそれに合わせて拡張する必要があるでしょう。

その際に、2階の床の下にある梁が邪魔になってしまう場合も多々あります。 その梁を、単純に撤去してしまえばよいということではありませんので、撤去のために必要に応じて補強や梁の組み換えが必要になります。

そういった工事が必要となる場合は、おのずと工事の規模は大きくなります。

極端に位置を変更するのであれば、吹き抜けの空間を確保しなくてはなりません。

などなど、今の建物の条件やご要望を十分に考慮して計画をなされば階段を使いやすく架け替えることは、可能ではないかと思います。

まずは、現状を専門家に見せて、何が可能で何が不可能か、またどのような工事が必要となるのかを確認されてはいかがでしょうか。

工事の規模によって費用も大きく変わってきますので、ご計画を具体的に考える前に、是非相談なさってください。

カテゴリー:階段

このエントリーをはてなブックマークに追加