TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 地震対策 > 屋根をリフォームしたいが、耐震に優れた屋根材とは?(墨田区・M様)

屋根をリフォームしたいが、耐震に優れた屋根材とは?(墨田区・M様)

墨田区の一軒家に住んでいます。屋根が汚くなってきたのでリフォームを検討しています。
ついでに耐震リフォームもしようかと思っているのですが、耐震に優れた屋根材には、どのようなものがありますか?
できれば、軽くて手入れがしやすい屋根材を希望しています。

A. 瓦から軽量な屋根材に変えることはメリットがありますが、デメリットもあるので、ご注意ください。
屋根のリフォームをお考えでございますね。
今現在は、瓦屋根ですか?

耐震に優れた屋根材は?というご質問ですが、素材というより荷重の問題かと思います。
仰るように屋根を軽くすることは、建物の耐震性を上げることにつながります。

建物の重量全体が軽くなることで、建物全体の揺れが小さくなります。
屋根が重いと建物の重心が高くなるので、建物全体の揺れ幅が大きくなるということで、屋根を軽くすることは地震には優位に働くということです。

また、手入れがしやすいとのご要望もお伝えいただきましたが、まったくメンテナンスが必要ない素材というものはないように思います。

近年では、軽くて耐久性に優れているということで、ガルバリューム鋼板というアルミと亜鉛の合金をメッキした鋼板を使うことがあります。

カラーベストなどの屋根材に比べると耐食性に優れ、細かい傷でも自己補修性があるといわれています。

また、メンテナンスも他の軽量の屋根材に比べると少なくてすみます。 ただ、建物が建っている場所や条件によってメンテナンスが必要となる時期は異なります。

建物の耐震性という面では、瓦から軽量な屋根材に変えることはメリットがありますが、デメリットもあることをお伝えしておきます。

瓦屋根に比べ金属の屋根の場合、夏場には屋根温度の上昇に伴い、小屋裏あるいは直下の部屋の温度が瓦屋根の時よりも上がってしまうことがあります。 また、夜には雨音が気になることも注意点です。 屋根断熱、遮熱には十分な配慮が必要となります。

軽量化のために瓦屋根を葺き替える場合には、メリットだけではなくデメリットも十分に考慮したうえで、合わせた対策が必要です。

カテゴリー:地震対策

このエントリーをはてなブックマークに追加