TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 耐震診断・耐震補強 > 3階建てに増築した家を耐震リフォームしたい(文京区・O様)

最終更新日:2017/11/27

3階建てに増築した家を耐震リフォームしたい(文京区・O様)

文京区にある夫の実家をリフォームして、義父と同居できないかと考えていますが、次の2つが心配です。
■建築当初は2階建てだった家を、3階建てに増築している
■外壁にクラックが多数ある
2階建てから3階建てに増築した建物は、リフォームするのに無理がありますか?
また、クラックがある建物は耐震性に問題があるのでしょうか?
地震が心配なので、あまりお金をかけずに耐震補強できるなら、前向きに検討したいと思っています。

(文京区・O様)

A. 3階建てに増築した際に構造計算を行ったかどうかご確認ください。
耐震性能に関しましては、通常は、建物の現状を把握した上で、耐震補強工事が必要であるかを判断します。その上で、補強工事の方法やその費用が計画されます。

ただ、三階建ての建物は非常に耐震診断が難しく、構造計算書を元に耐震診断をする必要があります。二階建ての建物に比べるととても難易度が高く、費用もかかってきます。

また、残念ながら私どもでは、木造三階建ての耐震診断はお受けしておりません。

質問者様のお住まいが、二階から三階に増築されたのが何時の事なのかわかりませんが、構造計算を行っている可能性は低いように思われます。

構造計算書は無いけれど、補強をさせていただいている事例はいくつか掲載させていただいておりますが、建築士が拝見した上で、できる限りの補強をということで、お客様にも納得いただいた上で行った事例となっております。

ホームページ上では費用を公開しておりませんのが、メール等で「この事例の費用は」とおっしゃっていただければ、お伝えする事は可能です。

また、クラックにつきましては、実際に拝見しなければはっきりとした回答は申し上げられません。申し訳ありませんがご了承ください。

カテゴリー:耐震診断・耐震補強

このエントリーをはてなブックマークに追加