TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 古い家のリフォームをしたい > 築37年。数年後には賃貸にするかもしれません。(台東区・M様)

最終更新日:2018/01/26

築37年。数年後には賃貸にするかもしれません。(台東区・M様)

うちは台東区にある、2階建て木造の築37年になる家です。以下のような問題点をリフォームで改善できないかと考えています。

  • 周りの家が3階建ての影響もあり、全くと言っていいほど日が当たらない
  • 雨漏りをしている箇所がある
  • 排水に問題があって、水が流れにくかったり、時々詰まったりする
  • バリアフリーになっていなくて、段差があるので危ない
何とか、もっと住みやすくしたいと思っています。
ただし、大規模なリフォームになってしまうなら、他の場所で新築をして引越し、こちらは賃貸にしてもいいかと思っています。

A. 排水の不具合と雨漏りは早めに対処なさる方が良いかと思います。
現在の建物の状態をお聞かせいただきありがとうございます。
また、引越しのご計画などもおありとのこと、正直に申しまして、今の時点で、どのようなリフォーム工事を、どこまでさせていただくことが、お客様のご家族にとって最良なことなのか、なかなかご提案が難しいと感じております。

日あたりを改善したり、バリアフリーにしたり、といったことはもちろんリフォームで可能ですが、その分費用もかかり、新築のご計画の際のご負担になってしまうかもしれません。

ただ、その中でも排水の不具合と雨漏りは、早めに対処なさる方が良いかと思います。

お引っ越しをされた後も今のお宅を賃貸とされるご計画がおありなのであれば、建物の寿命を延ばすために水の浸入を食い止める工事と、腐食などしてしまっている箇所があった場合には、その改善が必要です。

差し出がましいようで恐縮ですが、新築も含めたご計画全体を十分にご検討いただき、今の建物へのリフォームにどれだけの費用がかけられるかを考慮してリフォームを進められる方が良いのでは、と思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加