TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 狭小住宅のリフォームをしたい > 木造3階建て狭小住宅。いろいろ悩んでいます。(中央区・M様)

木造3階建て狭小住宅。いろいろ悩んでいます。(中央区・M様)

中央区にある木造3階建ての狭小住宅に住んでいます。
1階も2階も日が入らない家なので、何とか明るくしたいです。
2階の一部を、スケルトンの床にしたらどうかと思うのですが、いくらぐらいかかるのでしょうか?

また、洗濯物を干す場所がなくて困っています。日当たりのよい方向は、家が隣接していて、ベランダが作れません。
隣接している家とのわずかな隙間にベランダを作ることは出来ますか?

A. 現在の床に穴をあけてしまうのは、耐震の観点からおすすめできません。
お問合せを頂戴しありがとうございます。

木造の3階のお住まいとのことでしたら、建築の際に構造計算がなされています。 一部といえど、床に穴を開けると、床の剛性が損なわれ、耐震性が落ちる可能性があるため、お考えのような工事は、お勧めいたしません。

金額に関しましても、実際に拝見させていただき、現在の状態を調査の上、工事の方法、素材などが決まりませんと、お返事することは難しいです。

ベランダにつきましても、お困りのことと思いますが、具体的なお話をさせていただくには隣地や建物の関係などの現状が分からないと何とも回答することができません。

ただ、一般的には民法では、建物を建築する際には、隣地境界線から50cmの間を開けて建物を建築しなければならないことになっています。
出窓やバルコニーについては明記されていませんが、やはりこの距離は開けるべきではないでしょうか。

トラブルになってしまってはいけませんので、お隣の方ともお話された上で、計画された方が良いのではな無いかと思います、

せっかくのご連絡にあまり具体的なお返事とならず、誠に申し訳ございません。

立地の条件や建物の状態などがわからない中ではむやみなお返事をさせていただくことができませんことを何卒ご理解頂きますようお願いいたします。

この度は、ご連絡をいただき誠にありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加