TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > マンションのQ&A > マンションに住みながらの工事はできますか?

マンションに住みながらの工事はできますか?

いろいろ事情があって、仮住まいをするのは難しいので、マンションに住んだままでリフォームをしてもらいたいです。住みながらの工事は無理ですか?

A. 住みながらのリフォーム工事は可能ですが、いろいろ制約もあります。

比較的小規模なリフォームや部分的なリフォームなど、工事をする箇所(お部屋)を使わなくても生活に支障がない場合は、住みながらのリフォーム工事が可能です。 キッチンや浴室を交換する場合でも、工事の期間中は使えなくても構わないということでしたら、お住まいになったままでも工事をすることができます。

しかし、リフォーム工事の施工期間中は、お部屋が工事現場になってしまいます。
リフォーム工事をする箇所以外は、汚れやキズがつかないようしっかり養生をしますが、工事中はどうしても音が出ますし、細かなホコリも舞います。 職人の出入り、材料や道具の搬入・搬出などもあるため、特に大規模なリフォームの場合は、なるべく仮住まいをしていただいた方が、お客様のご負担が少ないかと思います。

家具や家電をたくさんお持ちの場合は、それらを移動しながら工事をすることとなりますので、通常よりも工期が少し長くなってしまうことがあります。

また、住みながらのリフォームと言っても、昼間はお仕事に行かれる場合など、お留守の間に工事をさせていただくこととなりますので、その旨、ご了承いただいています。

住みながらのリフォームでは制約も多くなりますが、ご事情はお客様によって様々です。よくご相談させていただきながら、最適な方法をとりたいと思っています。


>マンションリフォーム事例「お客様と二人三脚で在宅リフォーム大成功!」

在宅でのリフォームをご要望の方はたくさんいらっしゃいますが、通常のリフォーム工事よりも、工事前の準備に気を配る必要があります。
こちらの事例では、在宅リフォームの注意点などについて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。


カテゴリー:マンションのQ&A

このエントリーをはてなブックマークに追加