フリーダイヤル0120-292-575

リフォームQ&A > マンションのQ&A > マンションの脱衣所とトイレの床を無垢材にしたいのですが、種類は何がいいですか?

脱衣所とトイレの床を無垢材にしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Q. マンションの脱衣所とトイレの床を無垢材にしたいのですが、種類は何がいいですか?

マンションのお風呂の脱衣所とトイレの床材を無垢材で施工したいと思っています。木の種類は何が一番適しているのでしょうか?

A. 無垢材でしたら木の種類より、撥水性の高い塗装をおすすめします。

■木材の種類よりも、水が染み込まない塗装が重要です


脱衣所とトイレの床材ということで、居室に比べると、格段に水のかかる量が違いますので、やはり水に強い床材をおすすめします。

木の種類でこれが最適と言えるものはないように思います。 もちろんチーク材などは、船の甲板にも使われる素材のため、杉や松に比べて、水には強い木となります。 しかしその強さを保つためには、濡れたらすぐに拭き取るなどのメンテナンスが必要です。 日常の生活を考えると、毎日のメンテナンスを欠かさないというのは難しいのではないでしょうか。

脱衣所やトイレの床を無垢材にするなら、水の染み込まないような塗装はいかがでしょう? ウレタン塗装やオイル塗装など、撥水性の高い塗装がおすすめです。

ただし、いくら撥水性の高い塗装を施しても、濡れた雑巾やマットなどを放置すると、変色や劣化をしてしまいますのでご注意ください。 これは無垢材だけではなく、合板の床材やプラスチック製タイルでも同様です。


■コルクタイルもオススメです!

無垢材の床もとても素敵なのですが、エコリフォームでは、水まわりの床材としてコルクタイルをおすすめしています。 コルクタイルは水に強く、弾力性、耐久性、断熱性に優れているので、水まわりには最適な素材です。

おすすめの床材は、住まわれる方の生活スタイルやご家族構成によって異なります。
小さなお子様がいらっしゃる場合は、水のかかる頻度も多くなるため、お手入れが楽なクッションフロアーをおすすめすることもあります。

私たちは、無垢材などの自然素材を選ばれるにあたって、その良さと合わせて、マイナス面もお伝えするようにしています。 お手入れに手間がかかるなどのデメリットもご理解いただいた上で、自然素材を使っていただきたいと思っています。

コルクタイルはこうしたことも考え合わせた上で、水まわりの床材として一番バランスが取れた素材と言えます。


★コルクタイルについて詳しくはこちらでもご紹介しています

>【マンション】コルクタイル



解決されましたか?

解決できなかったお客様は、どうぞお気軽にお悩みごとをお知らせ下さい。
弊社アドバイザー、一級建築士、インテリアコーディネーターが回答いたします。

※いただいたご質問は、こちらの「リフォームQ&A」で掲載させて頂くことがあります。

お問い合わせはこちらへお気軽にどうぞ!>> Q&A投稿 e-mail : info@eco-reform.com

Q&Aのトップページへ

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら