フリーダイヤル0120-292-575

リフォームQ&A > マンションのQ&A > マンションの窓の結露の解決法はありますか?

マンションの窓の結露の解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Q. マンションの窓の結露の解決法はありますか?

マンションに住んでいるのですが、冬になると窓が結露して困っています。なぜ結露してしまうんでしょうか?何か解決法はありますか?

A. インナーサッシや調湿効果のある仕上げ材などで早めに結露対策しましょう。

マンションの窓の結露って、寒い時期になると本当に困りますよね。お客様からも、よく結露についてのご相談をいただきます。


■何故、結露が起こるのでしょう?

結露は、夏に冷たいビールをグラスに注ぐと、グラスの外に水滴がくっつく、あの現象と同じです。
暖かい空気と冷たい空気では、含んでいる水分の量が違います。 暖かい空気は大きなグラス、冷たい空気は小さなグラスをイメージしてください。

暖かい空気の大きなグラスに、水がいっぱいに入って飽和状態になっています。
その状態で、例えば室内に洗濯物を干したら、洗濯物の水分が蒸発して、室内の水分が増えます。 その結果、いっぱいだった大きなグラスの水はあふれてしまいます。 これが結露になります。

■窓の結露のメカニズムは・・・?

それでは、なぜ窓が結露するのでしょう?
水分をたっぷり含んだ暖かい空気が、窓ガラスの外の冷気に冷やされて、冷たい空気に変わります。 水がいっぱい入った大きなグラスが、水の量はそのまま小さなグラスに変わってしまうようなものです。 この時にあふれ出した水分が窓の結露です。

■窓の結露の原因は?

窓が結露する原因は様々です。サッシの性能が悪くて起こる場合や、洗濯物を干したり加湿器を付けているために発生する場合があります。 また、ほとんど換気をしない部屋、水槽や観葉植物を置いている部屋に結露が発生することもあります。


●マンションの結露対策1:インナーサッシにする

マンションのサッシは共有部分となるため、サッシ自体の交換はできない場合がほとんどです。 その場合はサッシの室内側に、もう一つインナーサッシを設置することで、室外と室内の温度差を減らして、結露を軽減させます。

>インナーサッシについて


●マンションの結露対策2:調湿効果のある仕上げ材を使う

室内の水分量が多すぎることも結露の原因の一つですので、壁に調湿効果のある仕上げ材を使うことも結露対策になります。 乾燥している時は湿気を放出し、ジメジメして湿気の多い時は湿気を吸収する塗り壁材やエコカラットなどを施工してはいかがでしょう。
また、やはり調湿性能の高い桐の板を収納の中に張ったり、断熱塗料を壁や天井に塗って仕上げることで、結露を軽減させることも可能です。

>エコカラットについて


結露の原因をつかむのは難しく、複合的な原因で発生することも多いため、一つ一つ対策しながら可能性を排除していく必要があります。
室内環境や空間の用途などによって対策方法も変わってきますが、結露を放置するとカビの発生につながりますので、早めに対策されることをおすすめします。



解決されましたか?

解決できなかったお客様は、どうぞお気軽にお悩みごとをお知らせ下さい。
弊社アドバイザー、一級建築士、インテリアコーディネーターが回答いたします。

※いただいたご質問は、こちらの「リフォームQ&A」で掲載させて頂くことがあります。

お問い合わせはこちらへお気軽にどうぞ!>> Q&A投稿 e-mail : info@eco-reform.com

Q&Aのトップページへ

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら