TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > マンションのQ&A > マンションの窓を、もっと性能の良いものに交換することは可能ですか?

最終更新日:2017/12/14

マンションの窓を、もっと性能の良いものに交換することは可能ですか?

マンションの窓からの隙間風や結露に悩まされています。もっと性能の良い窓に交換したいのですが、可能ですか?

A. インナーサッシを設置すると、ペアガラスと同じくらいの性能にできます。

築年数が長く経っているマンションでは、最近主流となったペアガラスの窓ではなく、昔の一枚ガラスの窓であることが多く、冬は寒く夏は暑いなど、窓の性能は決して良いとは言えません。

マンションには勝手にリフォームすることができない共有部分と、自由にリフォームできる専有部分があります。

窓(サッシ)は共有部分にあたるため、管理規約によって自由にリフォームしてはいけないと定められている場合がほとんどです。これは、窓を自由にリフォームしてしまうと、マンションの外観への影響や、室内への風雨を防ぐという性能への影響があるためです。


マンションの窓自体は自由にリフォームできませんが、その代わり、お部屋の内側にもう一枚窓を設ける「インナーサッシ(内窓)」という方法なら、窓の性能を高めることが可能です。

インナーサッシにすることで、窓の性能を、現在主流のペアガラスと同じくらいまで高めることができます。
また、インナーサッシの工事は管理組合の許可が下りることも多くなっています。


インナーサッシは、寒い地方で見かける二重になった窓と同じものです。 窓を二重にすることで、窓と窓の間に空気層ができ、室外の暑さ寒さをシャットアウトすることが出来るのです。

インナーサッシは、窓枠のデザインも様々なタイプのものがあります。白やグレーなどのシンプルなものから、ナチュラルなイメージがお好みの方には、木製のサッシなども登場しています。
現在のお部屋のインテリアに合わせたタイプのインナーサッシを選ぶことができますよ。

インナーサッシは、比較的小規模な工事で取り付けることができます。窓の断熱性能を求めている方は、「マンションだから...」と諦めず、ぜひインナーサッシをご検討ください。


★インナーサッシを設置した事例です

>マンションリフォーム事例「築30年のマンションを現代の生活に合わせてスケルトンリフォーム」


カテゴリー:マンションのQ&A

このエントリーをはてなブックマークに追加