TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 外部・屋根・外壁

リフォームQ&A 外部・屋根・外壁

バルコニーへ出る際のまたぎを解消する方法は?(新宿区・I様)

ご質問ありがとうございます。
写真のような、「またぎ」などとも呼ばれたりする段差を解消されたいということでしょうか。

バルコニーは毎日の洗濯物を干したり、お布団などを干す場ですから、物を抱えながら跨ぐのは、負担がかかりますよね。

続きはこちら

耐震には瓦屋根はよくないのですか?(文京区・I様)

いいえ、瓦の屋根が必ずしもいけないという訳ではありません。
丈夫、長持ちという点では、屋根材としてとても優れた素材です。
そして、雨風をしのぐだけではなく、夏、暑い日ざしや、屋根に降り積もった雪の冷たさを遮断して室内に伝えないという優れた遮熱性をもっているのです。

続きはこちら

外部のリフォーム、安くしたいんですが・・・

ご相談ありがとうございます。

ご要望3点(2階ベランダに屋根と物干しを・階段に手すりを・ポストの設置)の中で、費用の大きな部分を占めるのが、2階ベランダに屋根と物干しを設置する工事になるかと思います。

続きはこちら

べランダを拡張したいのですが・・・

ベランダのリフォームにつきまして、ご質問ありがとうございます。

ベランダの増築が、建ぺい率に関係するかどうかは、お住まいの地域や、ベランダの形状によっても変わって参ります。

お返事をさせていただいたことが万が一誤っていた場合、ご迷惑をおかけすることになってしまいますので、私どもでは実際に現場を拝見してから、詳しいお話をさせていただくようにしております。
何卒ご了承くださいませ。

続きはこちら

屋根のみリフォームをしていないのですが、不安です。

お客様のお宅は木造でしょうか。
屋根がご心配とお伝えいただきましたが、耐震面でということでしょうか。 または、経年の劣化により雨漏りなどがご心配ということでしょうか。

木造の二階建てで屋根材が瓦という想定で、お話をさせていただきます。

耐震性能を考えますと、やはり屋根は瓦のような 重い素材でない方が、地震の際には安全性は高いでしょう。

続きはこちら

屋根をリフォームしたいが、耐震に優れた屋根材とは?(墨田区・M様)

耐震に優れた屋根材は?というご質問ですが、素材というより荷重の問題かと思います。
仰るように屋根を軽くすることは、建物の耐震性を上げることにつながります。

建物の重量全体が軽くなることで、建物全体の揺れが小さくなります。

続きはこちら

玄関が狭いのでリフォームで改善したい(文京区・S様)

玄関の狭さで悩んでいらっしゃるのですね。ご相談ありがとうございます。

内開きの扉を、外開きにする事はリフォームでも可能です。
ただ、敷地の条件でそれが出来ない場合がありますのでご注意下さい。

続きはこちら

玄関の扉を昔風の引き戸から洋風の扉にしたいのですが

リフォームでも、玄関の扉を交換することは可能ですし、引き戸から開き戸に変更することも可能です。

ただ、実は引き戸の方が使い勝手は良いということはご存知でしょうか。引き戸はスライドさせれば、体を後ろに引かなくても開け閉めができますが、開き戸は開ける時に、一度体を後ろに引かないと開け閉めが出来ません。

続きはこちら

古い家をリフォーム予定ですが、外壁にも手をいれなければなりませんか?(江戸川区・S様)

ご質問ありがとうございます。窓の立て付けが悪くなってきたのですね。その場合、いくつか理由が考えられます。

一つ目は、窓サッシの劣化による不具合です。

続きはこちら

家相が良くなる、もしくは悪くなる玄関の向きというのはありますか?

今までは、家相を気にしてはいなかったけど、リフォームをするとなると気になって調べてみた、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
家相学において、玄関は「家の顔」とされ大変重要視されています。
家族やお客様が出入りする場所や、外の世界との接点、という考えに基づいているからです。

続きはこちら

玄関のドアを自分で購入し、リフォームできますか?(新宿区・F様)

玄関ドアのご購入は、注意が必要ですが、不可能ではありません。 ドアをご自分で設置されるのは難しいかと思います。

続きはこちら

軽い屋根、重い屋根、どちらが安全?(江東区・K様)

一概に、瓦の屋根が全くいけないという訳ではありません。
ただやはり、地震のことを考えますと屋根は軽いほうが良く、葺き替えをすることは耐震リフォームとして有効な手段です。
地震によって地面が揺さぶられると、その力は、横から建物を押す力になります。
そして、地震力で建物が横から押された際は、建物の上部に行くほど揺れが大きくなるのです。

続きはこちら

外壁にクラック(ひび)が入っています。そのままにしておいても大丈夫ですか?

ヒビは大きさによって対処の仕様がいろいろあります。

入ったヒビの幅が髪の毛くらいの、いわゆるヘアークラックというようなヒビであれば、 それほど心配することはありません。
「弾性系」のゴムのような塗料を、下地の処理をした後に塗ってしまえば大丈夫です。

続きはこちら

準防火地域に、好みの玄関ドアを取り付けたいのですが...

玄関はお住まいの顔ですから、リフォームではデザインにこだわりたい!というお気持ちお察しいたしますが、残念ながら、準防火地域でアンティークの木製のドアは、取付けることは難しいでしょう。

そういったドアに加工を施して防火条件をクリアすることは、不可能かと思われます。

続きはこちら

今ある屋根を半分壊して、ベランダを作ることは可能でしょうか?

一般的に木造の住宅の場合、屋根の形状を変えることは非常に規模の大きな工事 となります。
一旦、既存の屋根、小屋組みを取り除き、新たに造る必要があります。

続きはこちら

外からの耐震補強というのは可能ですか?(台東区・O様)

耐震補強と聞くと大がかりに施工しなければならないと 思いがちです。 しかし、現在では様々な方法があみだされています。

家の中の壁を補強するのと同じ位に強度が出る方法があるのです。

続きはこちら


お困りごとは解決しましたか?

「まだリフォームについての疑問がある…」という方は、ぜひ私たちにメールでご質問ください。 一級建築士やインテリアコーディネーターがプロ視点でお答えします。

いただいたご質問は、リフォームQ&Aに掲載いたします。匿名でのご質問でも構いません。ぜひお気軽にご連絡ください。

メール:info@eco-reform.com


このエントリーをはてなブックマークに追加