TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 制震住宅

リフォームQ&A 制震住宅

リフォームで耐震等級3にできますか?(文京区・N様)

耐震等級とは、品確法で定められた、建物の強さを示す指標です。
既存住宅は、耐震等級1相当で設計・施工されていますので、 耐震等級にこだわらず、ご自分のお住まいに合わせた適切な耐震補強をおすすめします。

続きはこちら

「免震工事」「制震工事」と「耐震工事」の違いは?

「免震」とは地震力を免れるという意味があり、「免震工事」では、地盤と建物の間に装置を用い、地震による建物への影響を免れる工事を行います。

ただし、装置が大掛かりになることと費用がかかるので、木造住宅ではあまり一般的ではありません。

続きはこちら

制震ブレースとはどんなものですか?

「ブレース」とは鉄筋やアングルなどの型鋼でつくられた補強材のことをいいます。
木造住宅における筋かいと使用方法が似ており、柱や梁などで四辺形に組まれた軸組に 対角線状に入れることで、地震・風などの横からの力に対して 建物が変形するのを防ぐ役割を担います。

続きはこちら

制震と免震の違いとは?

地震大国と呼ばれている日本では、 住宅の安全性が、かかせないものとなっているのではないでしょうか。

住宅を安全に保つために必要な構造設計で、最近、耐震と並んでよく耳にする免震と制震。似たような名前ですが、地震力の吸収の仕方に違いがあります。

続きはこちら

制震を住宅のリフォームで行う場合、どの位の規模の工事になりますか?

既存の住宅のリフォームで制震を行う場合、 まずは、耐震補強をしっかりと行うのが先になります。

耐震は、法律でも義務付けられておりますし、 まずは耐震をしっかり行い、ある程度の強さを持たせなければ 制震を行ってもあまり効果は見込めません。

続きはこちら

「制震だけ」の工事をすることは可能ですか?

私どもで住宅を補強する工事をさせていただく場合、 制震だけの施工をすることは、ありません。

制震のみでは、地震の力に充分に対抗する事は出来ません。まずは、地震に対して、しっかりとした耐震補強を行い、抵抗力を持った建物であることが必要です。その上で、行うのが制震です。

続きはこちら

制震ダンパーとはどのようなものでしょうか?(中央区・I様)

制震の大きな目的は、「揺れを吸収する」と同時に、「地震力を他の力に変える」ことです。
繰り返される地震に対して揺れを押さえ、構造体(建物)の損傷を軽減するという訳です。

木造住宅では、「制震ダンパー」という装置を取り付けることで、地震の揺れを軽減することが可能です。

続きはこちら

「制震テープ」とはどんなものなのでしょうか?(新宿区・T様)

制震テープとは、従来の耐震性能が限界に達したとき、初めて働きだす「粘り」を利用する制震装置です。

大地震が起こったとき、釘や木ネジは地震力によって緩み、本来の力が発揮できなくなってしまいます。 そうなってしまうと、柱や梁から抜けてしまい、建物の破損を招きます。

制震テープが張られていれば、その粘りによって地震のエネルギーを吸収して揺れを防ぎます。

続きはこちら

制震と制振、この二つに違いはあるのですか?

制震と制振、二つの呼び方がありますが、意味はまったく同じです。

制震(振)は、専用の装置を建物に設置することで、地震の揺れを吸収し、建物の揺れの大きさを軽減するという概念・技術の事を言います。

そのため、本来は振れる力を制するという意味で、「制振」というのが正しい呼び方なのですが、「制震」という文字の方がより広く浸透しているのが現状です。

続きはこちら

住宅における耐震と制震の違いとは?

「耐震」とは、あくまでも、住宅などの構造体が、地震力に対して「構造で耐える」ための技術を指します。
構造の弱点を補強し、建物自体に強度を持たせ、その強さをもって地震の揺れに耐え、大きな地震力を受けても倒壊しないようにします。

バランス良く筋交いや各種パネルを施工し、耐震金物で固定することにより、住宅の耐震性能はアップします。

続きはこちら

リフォームで制震住宅にする事は可能でしょうか?

リフォームであっても「制震住宅」の機能を持たせる事は可能であり、近年注目されはじめています。

今や、住宅の耐震については法律でも義務付けられていていますから当たり前の事、そしてそれ以上を目指す場合は・・?となった時、この制震がポイントになってくるのです。

続きはこちら

耐震・免震・制震の違いは?

地震時に発生するエネルギー(地震力)は、横からの力(水平力)です。

この水平力に対抗するエネルギーとして、 建築学上、「耐震」「免震」「制震」という考え方があります。

続きはこちら


お困りごとは解決しましたか?

「まだリフォームについての疑問がある…」という方は、ぜひ私たちにメールでご質問ください。 一級建築士やインテリアコーディネーターがプロ視点でお答えします。

いただいたご質問は、リフォームQ&Aに掲載いたします。匿名でのご質問でも構いません。ぜひお気軽にご連絡ください。

メール:info@eco-reform.com


このエントリーをはてなブックマークに追加