TOP > HOW TO リフォーム > 目的別リフォームプラン > スケルトンリフォームならではの断熱工事

スケルトンリフォームならではの断熱工事について

一戸建てのスケルトンリフォームなら断熱性能も一新できます
一戸建てをスケルトンリフォームする大きなメリットの一つとして、家の「体感温度」を大きく改善できるということがあります。
何しろ、スケルトンの状態まで解体するため、断熱性、気密性を上げる工事まで行う事が出来るからです。

私たちがいつもおすすめしている自然素材を使用することでも、湿度や温度の改善はできますが、やはり根本である建物の断熱性・気密性を上げた場合とは大きく違ってくると思います。

断熱については、スケルトンにすることで全てがあらわになり、従前の断熱形態がよくわかります。

>スケルトンリフォームとは?

経年している一戸建ての住宅の場合、そもそも断熱材が無いこともありますし、あっても断熱材が「へたって」しまい、下にたまってしまっている場合がよくあります。(あまり質の良くない断熱材は経年でへたるのです)
へたりきってしまっていると、断熱効果は全く無いと言って良い状態です。

一戸建ての家の断熱性能の良し悪しは、施工した時の状態にも左右されます。
きちんと土台から張りまで隙間なく、耳をタッカー止めしていればよいのですが、とりあえず入っているだけの仕事や、きちんとしているものの施工方法が誤っている例も多々ありました。

このように、経年したり、施工が良くなかったりで、性能の落ちている家の断熱性能を最新の断熱材を施工することによって大きく改善します。
私どもで断熱材を施工する場合、床の断熱は「スタイロフォーム」で行い、壁や天井は予算に応じて行います。

少し高価になってしまいますが、私どもがおすすめしているのは、ペットボトルから再生して作られ、ホルムアルデヒド等有害化学物質の発散も無いというエコで安全な材質の上、性能も高く、他の断熱材と違って「へたり」が無い「パーフェクトバリア」という断熱材です。

>パーフェクトバリアについて


以前、施工させていただいたお宅にその後の環境について質問したところ、「夏場のクーラーは30度の設定で十分でした」とのお返事でした。

冬や夏場でも補助的な冷暖房設備が全く要らなくなるわけではありませんが、「設定温度を夏は高めに、冬は低めにしていても、高い効果が発揮できるので電力の節約になっています!」とお客様もお喜びです。
そして、これは必須なのですが、1階と2階の間にも必ず断熱材を入れます。
一戸建ての家でも1階と2階の間に断熱材を入れることにより、さまざまなことが解決する場合が多いのです。

1階、2階各所で冷暖房を入れたときに、その効果が拡散しないため、各階の断熱効果が上がる、という効果がありますし、断熱材には吸音効果がありますので、それぞれの階でたてた音が他階に響きません。
上下階の生活音は、家族といえども気になるものですから、これも「入れておいてもらって良かった」とのお声をよくいただいています。

このように、家全体にしっかりと断熱材を施工できるというのは、一戸建てのスケルトンリフォームならではの良さですね。

スケルトンにする場合、窓も新しくされる事がほとんどですので、断熱材+最新の高性能の窓サッシで、本当に断熱効果の高い、快適なお住まいを実現することができます。


一戸建て 事例一覧はこちら

マンションのスケルトンリフォームはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加