TOP > リフォームお役立ち情報 > お役立ちアドバイス > 暮らしのアドバイス > 国産材を使おう

国産材を使おう
皆さんは、私達の国の3分の2以上森林で覆われている森林国であるということをご存じですか?
さらにその約4割にもおよぶ森林が、かつて人の手で植えられた人工林が占めているのです。

その多くは戦後に植林されたもので、できるだけ早く森林を造成でき、建築材として活用できる杉や檜などを中心に植えられました。

植林された木が建築材として使用できるまでに成長するには、約40年を要します。
そのため、現在、戦後に植林された木の伐採時期がきているのです。
そうした現状であるにも関わらず、外材に押されて国産材が使用されていないのです。

国産材が、外材と比べて品質的に優れているとは必ずしも言えません。
"外国産はダメで、国内産のものなら良い"という単純な話ではないのです。

しかし、国産材を使うことは、いくつかのメリットがあります。
まず、国産材を使うことで日本の山を守ることができます。

近年、問題となっている国産材の価格の下落や林業従事者の減少によって、日本の林業は窮地に立たされています。
国産材がもっと活用され、林業従事者が増え山の手入れや植林が活発に行われれば、 日本の山を守ることに繋がります。

また山や森は、降った雨をたくわえ、少しづつ川へ流す自然のダムとしての役割を担っています。
森が荒廃してしまえば、水をたくわえる場所を失い、大量の雨が降った場合には一気に 川が増水し、洪水の原因となってしまいます。

私たちの安全な生活のためにも、山や森を守ることはとても大切なことなのです。

その他にも、地域に雇用が生まれることや、輸送時のCO2排出量を最小限に抑える ことができるなどさまざまなメリットがあるのです。

下記サイトで、木について詳しく紹介しています。
参照URL: 木材の達人

 

■ 国産材を使用されたお客様の事例です

※弊社関連会社サイト 塩谷住宅建築 へジャンプします


★ 紀州材で建てる家

このエントリーをはてなブックマークに追加