TOP > リフォームお役立ち情報 > お役立ちアドバイス > インテリアのアドバイス > アウトレット建材を使う場合の注意点

アウトレット建材を使う場合の注意点

住宅のアウトレット建材には主に、キッチンや浴槽、洗面台などの設備機器や、床やドアなどの内装材があります。
"リフォームにかかる費用を抑えたい"と、あらゆるものをアウトレット品で揃えようと思っている方も居られるのでは?

アウトレット建材の建具  アウトレット建材の床とドア


でもちょっと待ってください!
そのアウトレット品、あなたのリフォームに本当に使えるものでしょうか?

それぞれの建材には、サイズや向きなど個々に異なる仕様があるんです。
特に設備機器については、給排水の位置変更や電気工事が必要になったりして、リフォームの内容やお部屋の状況によっては取付が出来ない場合も出てきてしまいます。
別の加工が必要になり、新品のものを利用されたほうが結果お安く、キレイに仕上がる事も多いんです。

なので是非、アウトレット品をご利用になりたい場合は私たちスタッフと相談の上でご利用・ご購入を検討なさって下さいね。

ちなみに弊社では、主に内装材(フローリングやドア)のご利用をおすすめしています。
設備機器に関しては、初期不良の恐れなども考慮するとメーカー保証が付く製品を採用されるほうが良いかもしれません

なお、アウトレット品はもちろん一点ものの商品です。
リフォーム 計画中に探し当てた商品も、実際施工・発注段階になってなくなっている事も少なくありません。
そのあたりも、要注意!です。


このエントリーをはてなブックマークに追加