TOP > リフォームお役立ち情報 > 住まいと暮らしのお役立ち > 暮らしを楽しむ > 秋の日差しに要注意!

最終更新日:2021/09/29(2010/10/22公開)

秋の日差しに要注意!

秋の日差しに要注意!

山の木々が色付き始めると、いよいよ秋本番です。
夏の強烈な日差しに比べれば、秋の日差しは柔らかく感じます。
が、秋の日差しに要注意!意外に紫外線は多いのです。

秋の紫外線を浴びると、シミやシワができやすいそうです。 女性はもちろん、男性も気になる情報ですね。

秋の紫外線、油断は禁物

夏は日傘を差して帽子を被り、日焼け止めクリームも塗ってバッチリ紫外線対策していても、涼しくなってくるとついつい油断しがち...。 でも、気をつけてください!

秋は真夏に比べると、確かに紫外線量は減り、日照時間も短くなっていますが、9月にはUVインデックス6~7が観測される日もあるのです。 これは、7月の午前中と同じくらいの紫外線量になります。

「あの暑かった夏の日の午前中と同じ程度」と考えると、紫外線量は決して少なくないことがわかります。

お肌の水分量に注意

紫外線量が多いことのほかに、シミやシワができやすい原因がもう一つあります。 秋は空気が乾燥しているため、お肌の水分量が低下しがちなのです。

夏の紫外線による疲れも残っているお肌に、追い打ちをかけるダメージを与えないようにしましょう。 秋こそしっかりスキンケアをしないと、シミやシワ、たるみなど、お肌の老化にもつながります。

気候も良く空気も澄んだ秋は、お出かけの機会も多いと思いますが、万全の対策をしてお出かけください。 ひじやひざにカサつきを感じてからでは、ちょっと遅いかもしれませんよ。

インテリアの日焼けにも注意

紫外線の影響はお肌だけではありません。インテリアの日焼けにも注意が必要です。

秋に向けて模様替えしたファブリックは色あせてしまうし、木製の家具も表面の塗料が劣化してしまいます。

お気に入りの家具やファブリックは、なるべく直射日光が当たらないところへ置くことをおすすめします。

どうしても家具に日が当たってしまう場合は、UVカット加工がされたカーテンを使ったり、UVカット効果のある窓にリフォームすることをご検討ください。

環境のことも考えたいですね

地球温暖化によるオゾン層の破壊が大きな問題となっています。

紫外線を吸収して、地球上の生命を守ってくれているオゾン層。オゾン層が減少すれば、ますます紫外線対策が必要になってくるでしょう。

シミやシワができる、家具が傷む、どころの話ではありません。 より強力な紫外線が降り注げば、皮膚がんや白内障、免疫機能の低下など、人体に悪影響を及ぼす可能性が示唆されています。

身近な紫外線対策だけにとどまらず、先のことまで考えて、地球温暖化防止も心がけたいものですね。

秋になると、八百屋さんの店頭には、美味しそうな果物や丸々とした栗など、秋の味覚が並びます。 秋は、食欲の季節でもありますね。

紫外線を浴びすぎると健康にも影響があると言われています。 美味しいものをたっぷり味わえる健康な身体でいるためにも、紫外線対策は重要だと感じています。

住まいと暮らしのお役立ちに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加