TOP > リフォームお役立ち情報 > 住まいと暮らしのお役立ち > リフォームのヒント > 木造住宅の大敵。シロアリについて知ろう

最終更新日:2021/09/22(2014/07/03公開)

木造住宅の大敵。シロアリについて知ろう

木造住宅の大敵。シロアリについて知ろう

4月~5月頃、家の中でいきなり羽アリが発生して、
びっくりしたという方はいませんか?
それはもしかしたら、シロアリかもしれません!

シロアリについて知る

シロアリは、木造の家に大きなダメージを与える怖い存在...というイメージの方が多いかもしれません。 しかし、世界中に生息している約2260種類のシロアリのうち、建築物に被害を及ぼすのは53種類のみだそうです。 シロアリも生態系の一部として、地球の循環を支えているんですね。

シロアリを人間の都合で駆除するのではなく、シロアリを寄せ付けない環境を作ることで共存できるよう、シロアリについて知ることが大切です。

●シロアリってどんな生き物?

シロアリとアリは、見た目や生態も似ていて、数万匹から数百万匹の単位で高度な社会生活を営む生物ですが、生物学的な分類は異なります。 シロアリはゴキブリに近い種類で、約3億年前から地球上に生息しているそうです。

日本のシロアリは、木材や落ち葉、枯木などをエサとしています。 生殖を行う女王と王を除くシロアリは、眼が退化しているためニオイでエサを探し、エサのある建物と巣の間を行ったり来たりしながら食害を進めます。

私たちが行うリフォーム工事でも、実際に多くの古い木造住宅がシロアリ被害にあっています。大事な柱がシロアリの食害でスカスカになってしまっては、建物の強度もかなり低下してしまいます。

こちらのQ&Aも合わせてご覧ください。

リフォームQ&A:柱がシロアリ被害にあっているようです。補修・補強を行うべきですか?

●要注意のシロアリ3種類

日本しろあり対策協会によると、日本には22種のシロアリが生息しています。

そのうち、注意が必要なのは以下の3種類のシロアリになります。

◎ヤマトシロアリ

北海道北部を除く日本全土に生息。

食害部分が巣を兼ね、湿って腐った木材に被害を及ぼします。

◎イエシロアリ

千葉より西の温暖な沿岸地域に生息。

地中に塊状の巣を作り、湿った木材だけでなく乾いた木材にも被害を及ぼします。

◎アメリカカンザイシロアリ

関東より西の都市部を中心に生息。

乾燥に比較的強く、乾いた木材の中に巣を作ります。海外から輸入材などと共に持ち込まれました。

●シロアリはどこからやってくる?

シロアリは成長すると、生殖を行う個体が羽をもち、羽アリとなって飛び立ちます。羽アリは地上に落ちると自ら羽を切り落とし、メスが誘引物質を出してオスを引き寄せます。 このメスとオスが女王と王になり、新たな巣を作って建物の食害を進めるのです。

シロアリが巣を作るのは、木の中や根本、建物の床下、基礎、壁、屋根裏など様々な箇所です。 シロアリが好む湿った木材などを建物の周辺に置かないことが重要です。

▼シロアリの被害例

ガーデニングの木杭

木製フェンスの支柱

配管の断熱被覆

玄関上がり框

●鉄骨の家も安心は禁物

シロアリの食害は木の部分に限られますが、鉄骨造の住宅においてもシロアリ被害は見られます。

もちろん、鉄骨で造られた主要な構造部分はシロアリ被害を受けませんが、鉄骨造の住宅であっても、床の下地材などには木材が使われています。

シロアリはこうした下地材などを狙って、床上部分にまで侵入してくるため、鉄骨の住宅といっても安心はできないのです。

シロアリ被害から家を守るには

シロアリ被害から家を守るには、予防と診断が重要です。 下記のチェックリストで、3項目以上に該当したら要注意! 専門業者にシロアリがいるかどうかを診断してもらいましょう。

●シロアリ被害チェックリスト

【自宅の状況】

【周辺の状況】

●シロアリが心配になったら

悪質なシロアリ駆除業者による被害も多いことから、シロアリが心配でもどこに頼めばいいか迷っている方も多いと思います。

エコリフォームでは、これまで何度もテオリアハウスクリニックさんに、防蟻(シロアリ予防)の作業を依頼しています。 テオリアハウスクリニックさんはシロアリ駆除のパイオニアでもあり、豊富な経験と広い知識でシロアリ駆除を行っている会社です。

まずは、床下点検を依頼して、シロアリ被害があるかどうかをしっかり確認してもらいましょう。 水漏れの跡や床下のキズなどもあわせてチェックすることで、住まいの健康を保つことができます。

株式会社テオリアハウスクリニック

なお、このページの一部の画像は、株式会社テオリアハウスクリニックの前身、関東白蟻防除株式会社の資料より引用しました。

住まいと暮らしのお役立ちに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加