TOP > リフォームお役立ち情報 > 住まいと暮らしのお役立ち > 暮らしを楽しむ > 東京都心で見られる! ホタルの鑑賞スポットをご紹介。

最終更新日:2021/09/03(2017/06/05公開)

東京都心で見られる! ホタルの鑑賞スポットをご紹介。

東京都心で見られる! ホタルの鑑賞スポットをご紹介。

だんだんと蒸し暑くなってくる時季。
この時季の風物詩といえば、幻想的に光るホタルではないでしょうか。
今回は蛍の鑑賞ポイントやおすすめスポットをご紹介します。

イメージ

ホタルがたくさん見られる日は...?


6~7月はホタル鑑賞のベストシーズン。
このような条件が揃うと、たくさんのホタルが見られるそうです。

 気温20度以上
 月明かりがなく曇っている
 風がない
 雨が降っていない
 湿度が高い
 時間は夜7時~9時

人間にとってはあまり快適といえない、ムシムシとした日がいいようですね。

ホタルには仲間がいっぱい!


ホタルの種類は、光らないものも含めて40種類以上。
そのうちの半分は沖縄に生息しています。

よく名前を聞く「ゲンジボタル」「ヘイケホタル」の見分け方をご存じですか?
大型で背中に十文字の模様が入っているのが、ゲンジボタル。
ヘイケボタルは、小型で背中に縦一本の模様が入っています。

 
イメージ
 

都心のおすすめホタル鑑賞スポット

 

 ホテル椿山荘


都会の真ん中になんと、1万匹ものゲンジボタルが生息しているそうです。
1954年、ホテルの創業者である小川栄一氏が「子どもたちのホタルを見せたい」と1万5000匹の成虫を庭園に放流したのが始まり。
庭園の一角にあるホタル沢は、食事やパーティー帰りの人々をはじめ多くの見物客で賑わいます。

詳しくはこちら

 

 渋谷区ふれあい植物センター


ゲンジボタルとヘイケボタル、あわせて約2000匹が飼育されています。
1階の温室で放し飼いにされているゲンジボタルとカーテン越しにヘイケボタルを鑑賞することができます。
2階ではホタルの幼虫の展示、3階ではホタルの生態についてのDVDが見られます。

詳しくはこちら

 足立区生物園


6月2日~18日の金・土・日曜日は、「ホタル見night!」として18時から21時まで夜間特別開園を実施。
ゲンジボタルが飛び回る「ホタル見BOX」や、屋外でホタルの光を観察できるミニツアーが楽しめます。
園内には金魚やニシキヘビ、さまざまな昆虫などがいて、ふれあい体験も好評です。

詳しくはこちら

 
イメージ
 

豊かな自然が回復すると共に、ホタルも少しずつ増えてきました。
都心でもホタルが見られるスポットがあるのはうれしいことです。
ホタルが飛び回る美しい環境を、これからも大切に守っていきたいですね。

 

住まいと暮らしのお役立ちに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加