TOP > リフォームお役立ち情報 > お役立ちアドバイス > 暮らしのアドバイス > 重曹&クエン酸と廃物利用で家中どこでもエコなお掃除

重曹&クエン酸と廃物利用で家中どこでもエコなお掃除
topics1711.jpg 「汚れのない、いつもピカピカのキレイな家で暮らしたい!」
という願いは、きっと誰もが持っているものだと思います。
でも現実は、あれこれ洗剤を揃えるのは面倒だし、お金もかかるし...とついつい腰が重くなってしまうことも多いですよね。

そんな中、ここ数年注目されているのが、環境にやさしい素材を使ったエコ掃除。
重曹やクエン酸に加え、不要な物まで使ったエコなお掃除方法をご紹介します。

重曹&クエン酸

エコ掃除の代表といえば、これ!とりあえず買ってみたけど、使いこなせていないという方も必見です。

● 蛇口の水垢

  1. 蛇口にティッシュを巻き付け、濃いめのクエン酸水を吹き付けます。
  2. しばらく放置してから古歯ブラシなどでこすり、水でクエン酸水を流したら乾拭きします。

※カウンタートップが大理石の場合、大理石が溶けてしまう可能性があるので使用を避けてください。

クエン酸水の作り方

基本のクエン酸水は250mlの水に対してクエン酸を小さじ1〜2杯入れて溶かします。
濃いめのクエン酸水は、クエン酸の量を多めにしてください。

クエン酸水を使用する際は、必ずゴム手袋をしてください。
また、塩素系の洗剤とは絶対に混ぜないでください。

● 排水溝

  1. 重曹を排水カゴや排水溝にたっぷりと振りかけます。
  2. 熱したクエン酸水(1カップくらい)を流し込むと、重曹とクエン酸が化学反応を起こして発泡します。
  3. 最後に熱湯を流し込むと汚れが落ちます。

● 水切りカゴ

  1. 水切りカゴにお湯を入れ、そこに重曹を加えます。
  2. しばらく置いてから、古歯ブラシで全体をこすって、水で流します。

● 電気ポットの水垢

  1. 電気ポットが満水になるまで水を入れ、クエン酸50gを加えて溶かします。
  2. 電源を入れてポットを温め、そのまま1時間ほど放置したら電源を切って、人肌くらいまで冷まします。
  3. お湯を捨て、スポンジなどで軽くこすりましょう。
  4. クエン酸のにおいをとるため、もう一度沸かしてからお湯を捨て、最後に拭き上げます。

● 電子レンジ

普段のお手入れは重曹水をスプレーして水拭きするだけでOKです。

【庫内のにおいが気になるとき】

  1. 湯呑みなどに水100ml重曹大さじ1を入れ、電子レンジで加熱します。
  2. 電子レンジの庫内があたたまったら、重曹水をしみ込ませた布巾などで庫内を拭いて、最後に水拭きをします。

※湯呑みなどに水を入れる際は、なみなみと注がないでください。重曹が発泡してあふれてしまいます。

重曹水の作り方

ぬるま湯250ml重曹を大さじ1杯入れ、よく溶かします。
この重曹水をスプレーボトルに入れて使うと便利ですよ。

● トイレ

便器に重曹を振りかけて、トイレブラシでこすります。
便器の周りや床には、クエン酸水をスプレーして古歯ブラシで磨き、最後に水拭きします。

● 窓ガラス

窓の手垢などが気になるときは、重曹水を吹き付けてスポンジでこすります。
最後に古いTシャツなど、毛羽立たない不要な布で乾拭きします。

● シャワーヘッド

水垢などが詰まって水の出が悪くなったら、シャワーヘッドにティッシュを巻き付け、濃いクエン酸液をスプレーしてしばらく置きます。
ティッシュを外して、古歯ブラシでこすります。
細かい汚れは爪楊枝などで落としましょう。

廃物利用

もう捨てようか...と思っていたものでも、実はお掃除グッズになるんです!

● 賞味期限切れの片栗粉

【魚焼きグリルのお掃除に】

  1. グリルを使用後、まだ熱いうちにグリル皿に片栗粉大さじ7杯水300mlを入れ、グリルを閉じて1時間くらい放置します。
  2. グリルの汚れがゼリー状に固まるので、あとはそれをはがして、水洗いすれば完了です。

● 割り箸

割り箸の先を細く削り、厚手のキッチンペーパーを巻き付けて輪ゴムで固定します。
冷蔵庫のパッキンなど、細かい部分の掃除に活躍します。

● オレンジの皮

柑橘類の皮に含まれるリモネンという成分は、油を分解する働きを持っています。
また、クエン酸も含まれているので、お掃除にはもってこいですね。
オレンジだけではなく、みかんの皮も同じように使えます。

★クレヨンなどの落書き

テーブルについた油性の汚れは、オレンジの表皮でこすります。
リモネンが油性成分を溶かし、きれいになります。

★畳の黄ばみ

水400mlオレンジ2~3個分の皮を鍋に入れ、15分ほど煮て冷まします。この煮汁を雑巾に含ませ、固く絞ってから畳を拭くと黄ばみ落としとツヤ出しができます。
フローリングや革張りソファのツヤ出しにも使えます。

★湯呑みやカップの茶渋

皮の白い部分をつけてこすると茶渋が落とせます。

★シンク磨き

皮の白い部分で磨くとクエン酸の効果で水垢が落ちます。

※家具や床などに使用する際は、目立たない部分で試してから使ってください。

● 大根

大根に含まれる消化酵素ジアスターゼには、洗浄・漂白効果があるそうです。
大根おろしを作ったときに出る汁を障子に塗ると、障子が白くきれいになりますよ。
また、大根おろしの絞り汁や皮の内側で窓を磨くと、ヤニやくもりがとれます。

● じゃがいもの茹で汁

茹で汁をフローリングの拭き掃除に。
茹で汁に溶け出したでんぷん質がフローリングの汚れを落としてくれます。

● レモン汁

瓶入りのレモン汁を買ったけど、なかなか使い切れないというときに。
レモン汁にはクエン酸が含まれているので、掃除にぴったり。捨てないで、活用しましょう。

★鏡のウロコ汚れ

レモン汁に浸したキッチンペーパーを鏡全体に貼り、その上からラップします。
10分くらい放置したらメラミンスポンジに歯磨き粉をつけて、なでるようにこすり、シャワーで流せばOKです。

★シンクの水垢

レモン汁に浸したキッチンペーパーをシンクに貼り、その上からラップします。
10分くらい放置したら古歯ブラシでこすり、水で流しましょう。

★ベランダの黒ずみ

汚れにレモン汁重曹を振りかけ、泡が出てきたらデッキブラシでこすります。最後に水で流してください。

わざわざ専用の洗剤を買い揃えなくても、家にあるもので十分にお掃除ができるんです。

重曹やクエン酸は100円ショップでも手に入るうえ、用途が広いので持っていて損はないですよ。

また、いつもなら捨ててしまう物を、ちょっとした工夫でお掃除に使ってみると、「最後まで使い切った!」という達成感も得られます。

今回ご紹介したさまざまなお掃除アイデアを、楽しく、気軽に試してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加