TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > 腸を温めて健康に!オススメの食べ物&マッサージ法。

腸を温めて健康に!オススメの食べ物&マッサージ法。
 

寒い季節の冷え対策は
手足だけでなく腸も大切です!
この冬は腸を温めて健康に過ごしましょう。

 
イメージ
 

寒くなってくると手足の冷えなどが気になりますが、実は腸も冷えていることをご存じですか?

腸は消化吸収の役割はもちろん、免疫細胞の約6割が集まっているという大切な器官。
今回は腸をあたためる食べ物やマッサージ法などをご紹介します。

そもそも、腸が冷えるとどういった悪影響があるのでしょうか?

  • 免疫力が落ちて病気にかかりやすくなる。
  • 食事をとっても栄養が十分に吸収されない。
  • 血流が悪くなり悪玉菌が増加する。
  • 代謝が落ちて太りやすくなる。

どれもいや〜な状態ですね。さっそく腸を温めましょう!

 
イメージ
 

腸を温める食べ物

 

 体の熱をつくるたんぱく質

  • 鶏のささみ
  • まぐろの赤身
  • 豆腐

上記の食品は脂肪分が少ないのでオススメです。
できるだけ温かい状態で食べましょう。

 

 根菜類

  • ごぼう
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • いも類など

土の中で育った野菜は血行をよくするビタミンEや血管の機能を高めるビタミンCなどを含み、体を温めてくれます。

イメージ
 

 発酵させたお茶


温かいものなら何でもよさそうですが、緑茶やコーヒーは体を冷やすといわれています。

体を温めるには、紅茶やプーアール茶、ウーロン茶などの発酵茶を飲みましょう。
レモンやショウガを合わせるとさらにポカポカ効果が期待できます。

 おやつにはホットバナナ


バナナを温めると、バナナに含まれるオリゴ糖の働きが活発になるそうです。

バナナの皮をむき、レンジで30〜40秒加熱すれば完成!
ちょっと手間をかけて、ココナッツオイルでソテーすると甘さが増しますよ。
仕上げにココアパウダーやシナモンパウダーをかけると保温効果がアップします。

 
イメージ
 

簡単にできる腸のマッサージ法

 
イメージ
 

おへそを中心としてお腹を時計まわりに揉むだけ!


おへその右ななめ下~右ななめ上~上~左ななめ上~左ななめ下の順に左右の4本の指(親指以外)を重ねるようにして押します。
起床直後や入浴後、就寝前などに行うといいようです。


ただし、妊娠中、食後すぐ、飲酒後、生理中、熱があるときなどは避けてください。

 

冷えは万病のもと。
腸をしっかりと温めて、
健やかな毎日をお過ごしください。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



みなさん、お気づきでしたか? 11/3から、エコリフォームのトップページが新しくなりました!
パソコンでは、事例の写真が横幅いっぱいに広がって大きくご覧いただけます。 もちろんスマートフォンでも見やすくなっています。ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

エコリフォーム トップページ
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2017年11月6日号(第281回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加