TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > 「歯と口の健康週間」に考える、お口の中の健康づくり

「歯と口の健康週間」に考える、お口の中の健康づくり
 

口腔内の健康は、全身の健康や
寿命に影響するってご存じですか?
今回は歯と口の健康についてご紹介します。

 
イメージ
 

6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。

口腔内の健康は全身の健康や寿命にかかわるといわれるほど大切なこと。
これからも元気に過ごすためにお口の中の健康づくりについて考えてみましょう。


歯と口の健康週間とは


厚生労働省と文部科学省、日本医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間です。
虫歯や歯周病の予防、歯の疾患を早く発見して治療することで歯の寿命をのばし健康に過ごすことをサポートするのが目的です。



8020(はちまる・にいまる)運動をご存じですか?

8020(はちまる・にいまる)運動とは、80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動のことです。

なぜ20本なのかというと、健康的な食生活を維持するためには20本以上の歯が必要といわれているからです。
しかし現状では80歳の平均歯数は13.9本で、20本以上の歯がある人は全体の38.8%。目標にはまだまだ遠いようですね。

 
イメージ
 

口腔内の健康と全身の健康状態の関係

 

口の中の病気は口だけの問題ではなく、全身に影響がおよびます。
インフルエンザやメタボリックシンドローム、認知症も口の中の健康と関係しているといわれているのです。

イメージ
 

歯磨きでインフルエンザ予防


口腔内の細菌が出す酵素は、ウイルスの体内への侵入を助けてしまうそう。
東北大学の実験では、通所介護施設で週に1回、専門的な口腔ケアをしたところ、インフルエンザの患者数が大きく減ったということです。


歯周病でメタボリックシンドロームに?


歯周病によって噛む力が弱くなると肥満になりやすくなります。
また、歯周病菌が血管に入るとインスリンの働きが悪くなり糖尿病が悪化するなど、歯周病とメタボリックシンドロームには深いかかわりがあるとされています。

 
イメージ

歯周病で認知症にも?


国立長寿医療研究センターや名古屋市立大学などの研究によると、歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳のゴミを増やし、認知症の症状が悪化するということです。

 

家庭できる歯と口のセルフケア

 
イメージ
 

お口の健康のためには、たとえ調子が悪くなくても定期的に医療機関で検診を受けることをおすすめします。
とはいえ、健康な歯は普段のケアがあってこそ。毎日の歯磨きで気をつけたいポイントをチェックしましょう。

 自分に合った歯ブラシを選ぶ


ブラシの大きさは自分の歯2本分くらいが目安です。大きすぎると口の中で動かしにくく、しっかり磨けません。
毛のかたさは「ふつう」か「やわらかめ」を。特に歯茎から出血しやすい方は「やわらかめ」がいいそうです。

 

 歯ブラシはこまめに交換


歯ブラシが古くなると機能が低下し、歯の汚れをきちんと落とせなくなります。少なくとも1カ月に1回は交換することをおすすめします。
使い始めて1カ月しないうちにブラシの歯が開いてくるような場合は、歯磨きのときに力を入れすぎている可能性があります。


 夜の歯磨きは特に丁寧に


寝ている間は唾液の量が少なくなり口の中で細菌が繁殖しやすくなるので、夜寝る前は特に丁寧に磨きましょう。
また、歯ブラシだけでは汚れの6割しか落とせないといわれているため、夜だけでも歯間ブラシやデンタルフロスを併用することをおすすめします。

 
イメージ
 

歯磨きは虫歯予防だけでなく
体全体の調子を整えるために重要な習慣です。
正しい口腔ケアを再確認して
健康な生活を送りましょう。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



次回の耐震セミナーは、2018年7月18日(水)19:00~20:00開催です。

前回のナイトセミナーが大好評だったので、次回も夜に開催することになりました。お仕事帰りでもご参加いただけます。耐震の最新情報を得て、地震への不安を解消してくださいね。

無料セミナー「知っておきたい!正しい木造住宅の耐震」
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2018年6月5日号(第302回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加