TOP > リフォームお役立ち情報 > 住まいと暮らしのお役立ち > 暮らしを楽しむ > 毎日続けて元気な体に!ニンニクのすごいパワー。

最終更新日:2021/09/03(2018/10/05公開)

毎日続けて元気な体に!ニンニクのすごいパワー。

毎日続けて元気な体に!ニンニクのすごいパワー。

昔から、スタミナ食として
広く親しまれてきたニンニク。
そのすごいパワーが再注目されています。

イメージ
 

「なんだかパワーが足りないなぁ」と思ったとき食べたくなるものといえば...ニンニク!ですよね。ニンニク=スタミナがつく、元気になるというイメージを持っている方は多いと思います。
でも、どんなふうにいいの?と聞かれると「なんかよさそう」と答えたりして...。
今回はニンニクのすごい効能や効果的な食べ方をご紹介します。

ニンニクって、こんなにすごい!


なんとなくすごい感じがするニンニク。具体的にはどんな効能が期待できるのでしょうか。

 疲労回復効果


体内に取り込んだ糖質がうまくエネルギーに変換できないと疲れを感じる原因となります。
ニンニクには糖質をエネルギーに変換する「ビタミンB1」の吸収をよくし、体内でエネルギー代謝を助ける働きがあります。

 
イメージ

 免疫力アップ


ニンニクのニオイのもとであるスルフィド類が、インフルエンザなどのウイルス類を食べ、ウイルスを攻撃する抗体を体内につくらせるそうです。

 

 血圧低下作用


ニンニクに含まれる硫黄化合物の働きにより、高い血圧を下げてくれます。その効果は一般的な降圧剤にも劣らないほどといわれています。

イメージ
 

 アンチエイジング


活性酸素のダメージによって人は老化していきます。これを阻止するのが、人がもともと持っている能力、抗酸化作用。ニンニクの成分には抗酸化作用を積極的に働かせる効果もあると考えられています。

 冷えの改善


ニンニクを食べると交換神経が刺激され、末梢の血管が拡張されます。それによって血流がよくなり、冷えが改善されるといわれています。

 

 ガン予防


ニンニクは、アメリカ国立がん研究所がガン予防効果のある食品を選んだ「デザイナーフーズ」の中で、最も重要度の高いカテゴリーに入っています。

 

ニンニクの効果的な食べ方

 

ニンニクのさまざまな効能を知ると、さっそく食べたくなりますよね。せっかくなら、より効果的な食べ方でいただきましょう!

 ビタミンB1と一緒に


疲労回復効果のところでも触れていますが、ニンニクはビタミンB1と結びつくと効果的です。豚肉、レバー、玄米、大豆食品などビタミンB1を含む食品と組み合わせることをおすすめします。

 
イメージ

 ニンニクオイルにする


ニンニクを切ったりすりおろしたりすると、ニンニクのアリインという成分が酵素の働きでアリシンという成分に変化。これをオリーブオイルなどに溶かすとスルフィド類に変化します。スルフィド類の中にはガンを予防する成分DATSが含まれるそうです。

 

 切らずに丸ごと調理


煮込み料理などをつくるときに丸ごと投入!アリインなどの硫黄化合物が煮汁に溶け出し、コク出し効果、くさみ消し効果を発揮し、味のまとまりがよくなります。ニンニクに包丁を入れないため、ニオイも気になりません。

イメージ
 

食べ過ぎと、空腹時にはご注意を


ニンニクはパワーが強いので食べ過ぎると胃腸に負担がかかります。1日の目安量としては成人の場合、生だと1片、加熱したもので2〜3片です。子供や高齢者は、その半分くらいにとどめましょう。生のニンニクは特に刺激が強いので空腹時に食べることは避けてくだい。

 

季節の変わり目で体調を崩しやすい
この時期にぴったりのニンニク効果。
今晩さっそく、メニューに取り入れてみませんか。

 

住まいと暮らしのお役立ちに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加