TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > 大掃除にも大活躍!最新の掃除機いろいろ。

大掃除にも大活躍!最新の掃除機いろいろ。
 

高機能の掃除機を使えば、
面倒な大掃除も楽できるかも?
今人気の最新掃除機をご紹介します。

 
イメージ
 

年の瀬を迎え、あれもこれもとやることがいっぱいの中、忘れたふりをしたいことといえば、大掃除ではないでしょうか。
少しくらい汚くても命に別条はないとはいいますが、やっぱり見過ごせない家の汚れ。
今回は掃除機の種類や選び方、大掃除にも役立つ注目の掃除機などをご紹介します。

 

掃除機の種類と選びかた

 

ひとくちに掃除機といっても、最近は種類が豊富すぎて家電量販店に行ってもどれを買っていいのか迷ってしまいますよね。
それぞれの掃除機の特徴をご説明しますので、お好みやライフスタイルに合ったものを選んでください。

 キャニスター型


昔からなじみのある定番掃除機。電源をコンセントからとるのでパワーが強く、ゴミをしっかりと吸い取ります。

→ペットを飼っていたり、小さい子供がいたりして、部屋の汚れが気になる方におすすめ。

 

イメージ
イメージ
 

 スティック型


コードレスの場合が多いので、必要なときにサッと出して使えます。立てて置けるため収納場所もとりません。

→気になったらすぐに掃除したい方、家に階段がある方、重い掃除機が苦手なご高齢の方におすすめ。

 ロボット型


出かけている間に掃除をすませてくれるので、いつもきれいな部屋で暮らせます。

→仕事などで家を空ける時間が長い方、掃除に時間をとられたくない方におすすめ。

 

イメージ
イメージ
 

 ハンデイ掃除機


車内やソファの上など、一般的な掃除機ではやりにくい狭い場所などの掃除にぴったりです。

→細かいところまできれいに掃除したい方におすすめ。

 スチームクリーナー


スチームの力で雑巾掛けをしたように床の汚れを落とします。

→フローリングが多い家、雑巾掛けを簡単に済ませたい方、ハイハイする赤ちゃんがいる方におすすめ。

 

イメージ
 

大掃除用にも大活躍!注目の掃除機

 

部屋のホコリを吸い取るだけではなく、いろいろな機能を持った掃除機が次々と登場しています。普段の掃除はもちろん、今からの大掃除にも役立ちます。

 サイクロン掃除機


ダントツ人気はやっぱりダイソン。強力な吸引力と部屋の空気よりきれいといわれるクリーンな排気が特長です。
ミニモーターヘッドに付け替えればふとんやベッドの掃除もできます。

 


イメージ

 ワイパー掃除機


コードレスクリーナーとフローリングワイパーがひとつになった掃除機。ゴミを吸いながら、ワイパーシートで床のザラつきを拭き取れます。


 マホウキ


掃除機とホウキが合体。集塵に優れた高密度のロールブラシで床のホコリをかき取り、効率的に拾い上げます。
吸引モーターがないので時間を気にせず使え、排気ゼロだから赤ちゃんや小さい子供がいる家庭でも安心です。

 

 スイトル


掃除機の先に取り付けるだけで、水洗い掃除機に早変わりするクリーナーヘッド。床の食べこぼしやペットの粗相、カーペットやマットレス、ソファなど今まで水洗いできなかったファブリック製品をきれいにできます。

 

今年も残りあとわずか。
部屋中をピカピカにして
清々しい気持ちで新しい年を迎えてください。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



寒い中でもがんばってくれている職人さんたち。これは何をしているところかわかりますか?
正解は、ただいま工事中のリフォーム現場で屋根の葺き替えをしているところ、でした。江東区のスケルトンリフォームでは屋根もけっこう劣化していましたが、防水シートをしっかり敷いて、ガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えました。もう雨漏りの心配もありません。

屋根の葺き替え工事を行いました
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2018年12月25日号(第322回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加