TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > いま考えたい!化学物質過敏症と香害について

いま考えたい!化学物質過敏症と香害について
 

香りが長続きする柔軟剤が流行していますが
強すぎる香りで体調を崩してしまう人も増えています。
知らないうちに周りの人の健康を損なってしまう
「香害」について考えてみませんか。

 

洗濯物を取り込むとき、お気に入りの柔軟剤の香りが漂うと心が和む...。いい香りのシャンプーを使うと気分が上がる...。共感される方が多いと思いますが、実はこのような香りによって苦しみを感じている人がいます。

今回は最近問題となっている「香害(こうがい)」について考えてみたいと思います。

 
イメージ
イメージ
 

そもそも香害ってなに?


香水や香り付き柔軟剤などの香料に含まれる、化学物質によって引き起こされる健康被害のことを「香害」といいます。健康被害の内容はめまい、イライラ、吐き気、頭痛、思考力の低下などさまざま。重症化すると学校や職場に行けなくなることもあるそうです。

どんなことが香害になるの?


テレビで盛んにCMが放送されている、香り付きの柔軟剤に苦しんでいる人が多いようです。
最近は香りを付けるだけでなく、いかに香りが長持ちするかがアピールポイントになっているため、洗濯物を取り込むときだけでなく、しばらくタンスに保存してから1日中着てもしっかり香るものがあります。服を着ている本人にとってはうれしいことですが、香害に苦しむ人にとっては苦痛でしかありません。
また、香水や香りが強いシャンプー、部屋や車の芳香剤なども香害の原因になります。

 

イメージ
イメージ
 

化学物質過敏症とは?


香害で苦しむ人は化学物質過敏症といわれています。化学物質過敏症とは特定の化学物質に接触し続けた結果、限界を超えてしまい発症する病気で、国内で約100万人の患者さんがいるそうです。

新築のマンションなどに引っ越した途端、体調が悪くなったという話を聞いたことはありませんか。これは建材のホルムアルデヒドという化学物質に過敏に反応してしまっているのです。
体調不良が気になり病院に行っても自律神経失調症や更年期障害、花粉症など別の病気と間違えられて適切な治療を受けられないケースもあるということです。

 

香害で周りに迷惑をかけないために

 

 柔軟剤の使い過ぎに気をつける


同じ柔軟剤を長期間使い続けると香りに鼻が慣れてきて、だんだんと香りを感じにくくなってきます。それによって規定量より多く柔軟剤を使って香害に...というのはよくあるパターンです。
柔軟剤は規定量を守り、香りに慣れすぎないため、時々は違うものを使うといいようです。

 

イメージ
イメージ
 

 学校、病院に香りを持ち込まない


学校には香りが苦手な子供がいる可能性もあります。子供に着せる服に強い香りのする柔軟剤は使わない方がいいでしょう。参観日などで親が学校に出向く際も香水やヘアスプレーをつけすぎないように気をつけたいものです。

そして学校生活で問題になりやすいのが、みんなで順番に着て洗濯する給食エプロン。柔軟剤の香りが強すぎて、当番で持ち帰って洗っても香りが消えないこともあるそうです。

また、体調を崩している人が多い病院も要注意。普段は気にならない香りでも、体調が悪いと過敏になることもあるので、柔軟剤の香りがする服を着るのは避けた方がよいでしょう。

 

イメージ
 

「気にしすぎ」で片付けられないのが香害です。
もし周りに苦しんでいる人がいたら
柔軟剤などの使い方を見直してみてください。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



新しいリフォーム事例を公開しました。お父様が遺された思い出の店舗兼住宅を、住宅としてリフォームした事例です。
愛猫さやかちゃんと暮らすための工夫も盛りだくさんで、居心地のいい我が家を再生することができました。猫ちゃん好きの方は要チェックです!

思い出の店舗兼住宅で、猫ちゃんと暮らす
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2019年3月5日号(第329回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加