TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > 紫外線は既に真夏並み!UV対策始めてますか?

紫外線は既に真夏並み!UV対策始めてますか?
 

曇りや雨の日にも
紫外線は降り注いでいます。
しっかり対策して夏に備えましょう。

 

曇り空や雨が多いこの季節、「紫外線対策は梅雨が明けてからでいいかな」と油断していませんか?
実は6月はすでに真夏と同じくらいの紫外線が降り注いでいます。さらに、雨や曇りの日にも晴れの日の30~80%程度の紫外線量があるといいます。
今回は、すぐに始めたい紫外線対策についてご紹介します。

 
イメージ
イメージ
 

肌老化の原因の約8割は紫外線


地上に届く紫外線には「UV-A」「UV-B」という2種類があります。「UV-A」は肌の奥深くまで到達してシワやたるみなどをじわじわと引き起こし、「UV- B」は日焼けを引き起こしシミやそばかす、皮膚ガンの原因になるといわれています。

紫外線は眼にも悪影響


紫外線は、白内障や慢性の翼状片など眼病の原因のひとつともいわれています。眼病までいかなくても、白目が黄ばんだり、充血や痛みを引き起こしたりすることも。また、マウスの実験では、眼から侵入した紫外線によってメラニンが生成され、肌が日焼けするという結果が確認されたそうです。

 

イメージ
 

今日から始める紫外線対策

 
イメージ
 

 日焼け対策グッズを使う


紫外線は4〜9月の5カ月間で1年間のおよそ70〜80%が降り注ぎ、2月であっても真夏の80%もあるのです。紫外線からのダメージを防ぎたいなら、季節を問わず日焼け止めや帽子などで対策をすることが必要です。
日傘やアームカバーなどを使用するのも有効です。

 眼鏡やサングラス


眼を守るためには、眼鏡やサングラスが有効です。近所を歩いたり通勤したりするのにサングラスをかけるのは抵抗がある...という方も多いと思います。そんな方にはレンズに色がついていないタイプの眼鏡がオススメ。
選び方のポイントは以下の通りです。

 

イメージ

【UVカット加工されたレンズを選ぶ】
サングラスなら何でもいいというわけではなく、レンズの色が濃すぎると瞳孔が開いてかえって紫外線を取り込みやすくなっていまいます。レンズの色ではなくUVカット加工されているかどうかをチェックしましょう。

 

【フレームは大きめのものを】
フレームが大きければ目の周りまでしっかりカバーできます。

イメージ
 

 紫外線対策に有効な食べ物


オススメはトマト。トマトに含まれるリコピンの働きで紫外線による赤みやメラニン量が減少し、表皮のごわつきを抑制する効果が期待できます。
リコピンは生よりも加熱した方が増えるので、トマトジュースやトマトペーストを使った料理などを食べるとよいそうです。

紫外線対策が過剰すぎても問題に...


ここまで紫外線対策についてご紹介しましたが、あまりにも紫外線をカットしすぎるとビタミンDが不足し、骨が弱くなってしまう危険性もあるそうです。
ビタミンDはカルシウムの体内吸収を促進するビタミンで、日光を浴びることにより体内で産生されます。夏場は朝や夕方に、顔ではなく手足に日光をあててみてはいかがでしょう。

 
イメージ

ビタミンDを多く組む食べ物(いわしの丸干し、しらす干し、干ししいたけ、しゃけなど)も積極的に食べましょう。

 

小麦色の肌が流行したのも今は昔。
過度な紫外線は老化や病の原因にもなります。
お出かけの際はUVケアを忘れずに。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



ただいま工事中ブログでは、SNSでも人気の、超個性的なマンションリフォーム完成の様子をレポートしています。
昭和レトロな雰囲気と、安らげる木のぬくもりが融合した不思議な空間を、写真とイメージパースで詳しくご紹介します。ぜひご覧ください。

江東区S様邸 マンションリフォームが完成しました!
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2019年6月25日号(第340回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加