TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > 涼しさを演出する 夏のインテリアに模様替え。

涼しさを演出する 夏のインテリアに模様替え。
 

暑い夏を乗り切るために
インテリアにちょっと一工夫。
見た目から涼を取り入れてみませんか。

 

蒸し暑い季節。ついついエアコンに頼ってしまいがちですが、インテリアを工夫することで体感温度がマイナス3度違ってくることもあるそうです。
今回は、暑い毎日を少しでも涼しく過ごすためのインテリアアイデアをご紹介します。

 
イメージ

カラーコーディネートでマイナス3度


地球温暖化を防ぐためにも健康のためにも、エアコンの設定温度は下げすぎないようにしたいもの。でも...やっぱり暑い。そんなときはインテリアのカラーコーディネートに注目しましょう。

イメージ
 

 寒色系のカラーを使う


心理学の実験によると、目を隠しながら赤い部屋と青い部屋に交互に入ると、青い部屋の方が体感温度が3度低く感じられたそうです。
寒色系とは青や青紫、青緑などの色。クッションカバーやラグマットなどを寒色系のものに変えてみると涼しく感じられます。

 インテリアの色数を減らす


カラフルなインテリアは元気がでそうだけど、この季節はちょっと暑苦しいイメージも。寒色系のインテリアが映えるように、カーテンやベッドカバーなど面積が広いものはオフホワイトやベージュなどあまり色味のないものにして、インテリアの色数を減らすと涼しげになります。

 

イメージ

雑貨で涼しさを演出


透明感のあるもの、ナチュラル素材のもの、海をイメージさせるものなど、涼感あふれるインテリア雑貨の力を借りると爽やかな部屋になります。

イメージ
 

 ガラス雑貨


窓辺などにちょっと置くのにちょうどいい、ガラスの一輪挿しやフラワーベース。季節の花を挿してもいいし、ただ置くだけでも涼しげな印象になります。海外のおしゃれな調味料入れやお酒などが入っていた瓶を並べるのも素敵です。

 ラタン雑貨


ラタンは東南アジアを中心に自生するヤシ科の植物で、日本では「籐」と呼ばれています。通気性がよく加工されても呼吸し続けるといわれ、使うほど深みのある色あいに変わっていくのが魅力です。
取り入れやすいのはバスケットやカゴ。リビング、キッチンなど場所を選ばずインテリアのアクセントになります。

 

イメージ
イメージ
 

 海をイメージさせる雑貨


マリン柄のクッションカバーや貝殻など、目に入るだけで潮風を感じるようなアイテムも夏にぴったりです。ホワイト×ブルーのボーダー柄もマリンなイメージに。まずはランチョンマットやコースターなどの小物で気軽に取り入れてみてはいかがでしょう。

 貼ってはがせるウォールステッカー


壁だけでなく平らな面ならどこにでも貼れて、雰囲気を変えてくれるウォールステッカー。寒色系のものやマリンモチーフのものなどを選ぶと、ぐっと夏っぽくなりますね。様々な商品が出ているので、部屋のイメージに合わせて選んでみましょう。

 
イメージ
イメージ
 

 枝もののグリーン


雑貨とは少し違いますが、ドウダンツツジやアセビ、スモークツリーなど枝もののグリーンを花瓶にいけるのもオススメ。花屋さんでディスプレイとして飾ってある切り枝を買ってきて、あえて長いまま飾るのがポイント。大きめのグリーンを置いた部屋は、まるで森の中のように涼やかな空間になります。

 

爽やかな小物使いで見た目にも涼しく。
季節ごとに変わるディスプレイコーナーを
お部屋の一角に作っておくのもいいですね。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



ブログ「リフォーム工事中のお宅をご紹介!」では、ただいま進行中の2つのリフォームをご紹介しています。
江東区のビル3フロアと、荒川区の築50年・10坪のお住まい。どちらも特徴的なリフォームで、目が離せません。随時更新しているので、ときどきチェックしてみてくださいね。

リフォーム工事中のお宅をご紹介!
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2019年7月5日号(第341回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加