TOP > リフォームお役立ち情報 > メールマガジン「住まいの知恵袋」 > 寝苦しい夜を快適に!真夏にオススメの寝具。

寝苦しい夜を快適に!真夏にオススメの寝具。
 

肌寒い梅雨から一転して猛暑続き。
熱帯夜も快適に眠れる涼感グッズで
良質な睡眠を手に入れましょう。

 

夏は暑さで体力を奪われやすいので、しっかりと睡眠をとって回復したいところですが、連日の暑さでもうダメ...という方も少なくないと思います。
今回は少しでもよい睡眠をとるために、涼しい寝具選びや寝室作りのアイデアをご紹介します。

 
イメージ

<敷きパッド>

イメージ
 

 接触冷感タイプ


体が触れるとひんやりと感じることから、ここ数年人気の接触冷感タイプの敷きパッド。素材はレーヨン、キュプラ、ポリエステルなどの化学繊維を使用したものが多く、熱伝導率が高いため肌が触れた瞬間に皮膚の熱が奪われて、ひんやり感じるという仕組みです。

接触冷感の基準はQ-maxという数値で表され、0.2〜0.4くらいのものを選ぶのがオススメです。


 麻素材、い草


麻は天然繊維の中で最も熱電導率が高いので、体温を奪って速やかに放熱させます。また、通気性がよいため汗をかいてもベトつかず、速乾性に優れ、洗濯がしやすいので夏にぴったり。
い草は吸湿性、消臭性に優れ、涼しげな香りが心を癒やしてくれそうです。



<掛け布団>

 ガーゼケット


ガーゼを何枚も重ねたガーゼケットは、通気性や吸湿性、速乾性に優れ、寝汗をかいても蒸れないのが特長です。数枚重ねることで適度な保温性を持つので、寝冷えしにくいことでも人気です。

 

イメージ

 タオルケット


タオルケットはガーゼケットより重量感があり保温性が高いので、冷え性の方にオススメです。

 

 薄手の布団


一晩中エアコンをつけるという方は、麻素材の肌掛け布団や夏用の羽毛布団を使用して体の冷えすぎを防止しましょう。


<枕>

イメージ
 

 冷感ジェル枕


枕の表面にブロック状のジェルがついている枕。ジェルは片面しかついていないため、裏返せば冬でも普通の枕として使用できます。

 籐の枕


通気性抜群、見るからに涼しげな昔ながらの枕。高さがあるものは昼寝やごろ寝にはいいですが、夜の睡眠にはあまり向かないので、購入前に高さをしっかりチェックしましょう。

<安眠グッズ>


 抱き枕


抱き枕を使って横向きに寝ることで、敷き布団と接触していた背中部分が大きく開き、抱き枕を抱える脇の下や膝の間に隙間ができるので通気性がアップして安眠につながります。

 

イメージ
イメージ
 

 小豆の冷却パック


熱帯夜で眠れないとき、保冷剤などをタオルでくるんで頭に当てる方も多いと思いますが、溶けてくるとタオルが湿ってきて気持ち悪いですよね。そこでオススメなのが小豆を使った保冷パックです。

小豆をファスナー付きのメッシュ袋(洗濯ネットなど)に入れ、冷蔵庫で冷やすだけ。小豆は水分を15%ほど含んでいるので保冷効果があるのです。
冷たさは20〜30分持続し、何度も繰り返して使えます。



<寝室を涼しくする工夫>

 快適に眠れる温度と湿度は?


室温25〜28度、湿度50〜60%が理想的といわれています。


 昼間も寝室のカーテンは閉めておく


部屋に差し込む太陽光で室温が高くなるのを防ぎましょう。

 
イメージ

カーテンの色は黒やダークグレーなどは日光を吸収して部屋が暑くなるため、白やパステルブルーなどの日光を吸収しにくい涼しげな色がオススメです。

 

エアコンの設定温度を下げるだけでなく
身体にも環境にも優しい方法で
涼しく寝る工夫を取り入れたいですね。

 
 

エコリフォーム PICKUP!



新しいリフォーム事例「無機質な倉庫が木のぬくもりあふれるお住まいに!」を公開しました。
荷物でいっぱいだった倉庫が、天然素材たっぷりの落ち着く空間に大変身。使いやすくまとまったコンパクトなお部屋になりました。

無機質な倉庫が木のぬくもりあふれるお住まいに!
 
 

暮らしのお役立ちメールマガジン「住まいの知恵袋」
2019年8月5日号(第344回)
株式会社エコリフォーム
〒135-0047 江東区富岡1-22-29-2F
tel:0120-292-575 mail:info@eco-reform.com

 
 
facebook
twitter
instagram
google
youtube
 
このエントリーをはてなブックマークに追加